2018/09/19

『ル・ポールのドラァグレース』が快挙!エミー賞で5部門に輝く

米ドラァグクイーンのオーディション番組『ル・ポールのドラァグレース』が、米TV界最高峰の「エミー賞」にて5部門に輝いたことがわかった。

 

 

 

 

同番組は、米現地時間9月17日におこなれた第70回エミー賞にて、「リアリティ番組 コンペティション部門」の最優秀作品賞に選ばれたほか、司会であるル・ポールが「最優秀 司会賞」を受賞。同じ年に同時に受賞したのはエミー賞始まって以来の快挙だそう。

そして今年は20部門でノミネートされ、最高峰である作品賞のほか、司会賞、演出監督賞、ヘアスタイリング賞、衣装賞の5つ受賞している。すごい!!

 

受賞スピーチでル・ポールは、これまで140人のクイーンを輩出したことや、出演者、スタッフに感謝をのべたのち、最後は番組お決まりのセリフ「If you can’t love yourself

How in the hell you gonna love somebody else?

Can I get an amen? Let the music play!(あなたが自分自身を愛せないなら、どうやって他人を愛せるわけ?)」でスピーチを締めくくった。

 

 

 

 

ちなみにドラァグレースは、2016年にはじめてエミー賞を受賞してから2018年まで3年連続受賞している。

 

2009年にシーズン1がスタートしてからというもの全世界的にヒットを連発し、現在10シーズン(+2つのオールスターシーズン)を終えてもなお勢いが衰えることを知らない。

 

日本ではシーズン9までNetflixにて配信されており、多くのファンをかかえている。シーズン11も発表されているため、世界的ドラァグブームはまだまだ続きそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline