2016/09/27

ウェントワース・ミラー、うつ・自殺防止のキャンペーン動画に出演

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%8c%e8%87%aa%e6%ae%ba%e9%98%b2%e6%ad%a2%e3%81%aecm%e3%81%ab%e5%87%ba%e6%bc%94

 

 

TVドラマ「プリンズン・ブレイク」で知られているオープンリー・ゲイ俳優のウェントワース・ミラーが、うつと闘う人に向けたキャンペーン動画でメッセージを投げかけた。

 

ウェントワースといえば以前、うつ病で闘った過去を赤裸々に話していた。

「僕は子どもの頃からうつ病と闘ってきた。うつによって、時間、チャンス、人との関係性を奪われるだけでなく、眠れない日々が続いている。(中略)僕は安心できるもの、快適な場所、気晴らしになることをあらゆるところで探していたんだ」

 

そんなウェントワースは、同じくうつで悩む人々へのキャンペーン動画でメッセージを送った。

(以下動画中のウェントワース・ミラーのメッセージ全文)

 

アメリカで鬱に苦しんでいる人は、毎年15百万人いると推測されている。世界においてその数は、3億5千万人に上る。もしあなたが鬱に悩んでいても心配しないで。希望はあるから。

 

近くの支援団体を探したい人は、「Anxiety and Depression Association of America(アメリカ不安・鬱協会)」のウェブサイトを見てほしい。もしあなたや他の誰かが精神的に危険な状態にあるなら、「自殺防止ホットライン」に電話して欲しい。

 

一歩を踏み出すことを恐れないで。あなたを気にかけている人は、あなたの側に必ずいるから。

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline