2015/10/19

ガガ「奇抜な衣装は自信の表れではない」うつ病と闘った過去を告白

1

 

 

毎回奇抜な衣装でファンを魅了するレディー・ガガが、服は自信の表れではなく、複雑な内面を隠しているからだと激白した。

 

これは今月号の米billboard誌のインタビューで語られたもの。

ガガは、「私は常に二極的な面がある。奇抜な格好をしている時は自虐的な精神状態。レディのように装う時は自信がみなぎっている時なのよ。」続けて、「私はずっと鬱や不安な気持ちと闘ってきた。」と、自身の持つ内面の闇を明らかにした。

 

ガガは以前にも、ハーパーズバザー誌のインタビューにおいて、うつ状態にあった過去を語っている。「2013年の終わりには重度のうつになったし、全てに疲れていた。常に怒りっぽくて皮肉屋だったし、深い悲しみを抱いていたわ。」

 

 

また、若者を救うチャリティー基金「ボーン・ディス・ウェイ財団」を設立しているガガは、自身の抱える不安と、ネット社会と若者を含めた持論を展開。

 

「今の若者はネットで増悪に満ちた体験をしている。ひと昔前のインターネットは素晴らしい情報源だったけど、今のネットはトイレそのものよ。」「私は生涯に渡りうつ病や不安に苦しんできたし、それは今も変わらない。ただ、若者には深い悲しみが普通なんだよって知らせたいの。」現代のネット社会を非難しつつ、改めて若者へのサポートを語った。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline