2019/12/11

人には聞けない、乳首や性器の「黒ずみ」解消法とは?

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

男子たちの「美容にまつわるお悩み」を解決していくコーナー。

 

今回は、気になるけどなかなか人に聞けない悩みの一つ、「黒ずみ」にフォーカス。

 

銭湯やセックス時に他人の裸をみると「あれ、人よりも黒ずんでいる気がする…」と、密かに悩める人も多い。

今回は、カラダの中でも特に気になりやすい「乳首」と「性器」に絞り、黒ずみを解消するためのHOWTOを紹介していくよ。

 

 

 

「乳首」の黒ずみケア

 

同じ乳首でも、男性と女性とでは黒ずみの原因が異なる。

女性は女性ホルモンが影響して黒くなりやすいが、男性の場合は「加齢による新陳代謝の低下」と「摩擦」が主な原因。

 

「加齢による新陳代謝の低下」とは、歳を重ねると肌の新陳代謝が低下し、ターンオーバーが悪くなる。すると古い角質が残りやすく、それが黒ずみの原因になる(これは乳首だけでなく肌全体にいえる)。

 

そして「摩擦」による影響も大きい。

乳首は普段から服による摩擦を受けており、さらにはスポーツ(特にランニング)をしているとスレやすい。

また、セックス中に乳首プレイする人たちは、乳首に摩擦以上の強い刺激を与えている。

 

乳首は摩擦などの外部刺激があると、肌は刺激から守ろうとメラニン色素を多く分泌するため、それが黒ずみの原因になる。

 

乳首ケアにオススメなのが、「ドクターシーラボ|薬用ボディ・ピンク」だ。

有効成分の「持続性ビタミンC誘導体」と、3種類のホワイトニング成分がメラニンによる色素沈着を抑えてくれ、さらに薬用成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」が、摩擦による炎症も抑えてくれる。

ピンク乳首を目指す人にはオススメだ。

 

〈ドクターシーラボ 薬用ボディピンク〉
3,920円
購入サイト

 

また、化粧品でケアするだけでなく、普段のTシャツや肌着は、乳首や肌に負担のかかりにくいオーガニックコットン製に変えるだけで摩擦は大幅に軽減する。

 

スポーツをする人は、スレ防止のためにニップレスで保護するのも一つの手。

 

「ペニス」「アナル」の黒ずみケア

 

タイ・バンコクの美容クリニックでは、「ペニスのホワイトニング手術」がブームになったように、ピンク色のペニスに憧れを持つ人は一定数存在する。

 

ペニス&アナルに関しては、やはり「セックス時の摩擦」による影響が大きい。

アナルセックスによるピストン運動の刺激は、タチならペニス、ウケならアナルに負荷がかかる。

 

性器は摩擦などの外部刺激があるとメラニンが多く分泌されるし、またホルモンの影響もあって黒ずみやすい箇所だ。

 

乳首ケア商品でまかなえるが、とはいえペニスやアナルは敏感な粘膜なのでケアが難しい。

そんな人にオススメなのが、セックスしながら黒ずみケアもできる「bdaオーガニック|ハードローション」だ。

 

 

 

こちらはオーガニック成分78%がでできた日本初のオーガニックローション。

普段使いのローションとしても最適だけど、注目すべきはローションにはおそらく日本初?となる、ホワイトニング効果のある天然の真珠「パールエキス」を配合している点だ。

 

つまり、セックスしながら黒ずみ対策もできるという…画期的なローション!

 

以前「ローションランキング」でも一位に選出された商品なので、機能面も十分。

ペニスやアナルは肌よりもデリケートな粘膜なのでケアするのが難しいが、これだと普段使うローションを変えるだけでOK。一度お試しあれ。

 

〈bdaオーガニック ハードローション〉
2,530円
購入サイト

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline