2016/08/30

コルトン・ヘインズ、「LGBT可視化」に貢献したとして賞を受賞

コルトン・ヘインズ

 

 

今年の初めにゲイであることをカミングアウトした俳優コルトン・ヘインズは、セクシャルマイノリティの可視化に貢献したとして、アメリカのLGBT権利団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)によって先週土曜日にシアトルで催されたセレモニーにてビジビリティ賞(Visibility Award)を受賞した。

 

関連記事 >> 俳優コルトン・ヘインズ、ゲイであることを公式にカミングアウト

 

HRCの代表であるチャド・グリフィンは「コルトン・ヘインズは、数え切れないほどのLGBTQの若者を、ありのままの自分として生きるよう、勇気付けてきた」とコルトン・ヘインズの功績を讃え、賞の授与のためにコルトンを壇上へ招いた。

 

壇上に上がったコルトンは、受賞スピーチの冒頭から涙をこらえ、自身がカンザス州の出身であること、雲が好きで気象学者になるのが夢だったこと、ゲイであることが「目の色と同じように自然であること」について話した。

 

スピーチの中盤でコルトンは「これまでに俳優として様々な役を演じてきたが、今夜は自分らしくいられて最高の気分だ」と述べると、感極まって涙。会場は、感動の拍手に沸いた。

 

コルトンは、10年来の友人であるHRC代表のチャド・グリフィンや多くの友人、アライの人たちとともにセレモニーに出席できることを「心から幸せだ」と述べた。

 

「僕が、特別にこの賞を受けるに値するとは思わない。なぜなら、これまでに多くのロールモデルが先陣を切っていて、僕はその人たちが切り開いてくれた道を辿っているにすぎないから」と賞の受賞に関してコルトンは、終始謙虚な姿勢を見せた。

 

セレモニー後、コルトンはインスタグラムで「受賞スピーチの際、感情を抑えられなかった」と式を振り返ると同時に、ファンへの感謝を伝えた。

 

 

 

via : HRC

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline