2019/05/29

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

ゲイセックスにはローションが欠かせないが、本当に『アナルセックスに最適なローション』とはどれだろうか??

 

そこで、有名ローション5商品をGENXY編集部スタッフが実際に使い、様々な視点から徹底調査!

ゲイたちに本当にオススメしたいローション ランキングを作成したので、ぜひとも参考にしてみて欲しい。

 

Photo : Shimpei Suzuki

 

 

ローションの違いを知ろう

ふだん何気なく使うローションだが、いくつか種類があることを知っているだろうか?

大きく分けて2つに分類される。

 

①水溶性ローション

一般的なローションはこの水溶性がほとんど。

メリットとしては、付けたては潤いを感じることができ、水に溶けるためシャワーで洗い流すのが楽チン。

 

デメリットとしては、長時間使用すると乾きやすい。

水溶性の多くは、主成分にポリアクリル酸ナトリウムを使用しているため、肌の水分を吸収して乾燥させてしまう特徴がある。

 

②シリコンオイル系ローション

日本では一般的ではないが、欧米のゲイの間ではメジャーなシリコンオイル系ローション。

メリットは、オイル(油)+シリコンでできているため、シリコンが膜を直腸内に張ることで滑りを良くしてくれる。そのため長時間乾きにくく、セックス中の付け足しがいらない。

デメリットは、油なのでシャワーでなかなか洗い流せないこと。

 

ローションの違いがわかったところで、5項目(①コスパ、②持続性、③粘度、④デザイン性、⑤安全性)に分け、5点満点で採点していく。

 

王道だけど…アナル用には若干不向き?─「ぺぺ」

 

 

 

ローションの王道といえば「ぺぺ」。安い、量が多い、入手しやすい、3拍子揃っておりゲイたちに圧倒的人気を誇っている。

 

ぺぺの主成分を見てみると、ポリアクリル酸ナトリウムを使用している。

ポリアクリル酸ナトリウムは、肌の水分を吸収して乾燥させてしまう特徴があるため、長時間使用すると乾きやすい。

 

実際、アナルセックスで使用すると付けたては潤いを感じるも、15〜20分を過ぎたあたりから乾燥が気になり始め、途中で付け足さないとウケが痛みを感じてくる。

さらには、付け足しが多いとローションが固まりやすくなるので、タチ・ウケともに「感度が鈍る」といった声もあった。

 

元々ぺぺはアナル用ではなく、風俗でのローションプレイ用に使われる安価なローションとして普及したため、体内に入れるローションとして安全性にはやや疑問が残る。

 

「ローションは大量に使うからコスパ重視!」という人にはオススメだが、セックスの満足度と安全性を考えるのであれば、あまりオススメできないかも?

 

 

ぺぺ 
547円 360ml
種類:水溶性ローション
成分:水、ポリアクリル酸ナトリウム、メチルパラベン
購入はこちら|Amazon

 

死角なし!万能型アナル専用ローション「8986」

 

 

 

「8986(バックヤロウ)」は、その名の通りアナル専用に開発されたローション。

こちらはジェルタイプだが、水溶性ローションの部類に入る。

 

メリットは、お腹を壊す原因といわれるグリセリンを含んでおらず、アナルに優しいヒアルロン酸とマリンコラーゲンを配合している点だ。

 

また、小型のワンタッチ式なので、行為中にベッドに置いても垂れる心配がなく使い勝手良し。黒×ピンクのスタイリッシュかつセクシーなデザインもGOOD。

 

デメリットは、容量の割に値段が高くコスパが悪い点だ。

また、アナル用というだけあって持続力はかなり期待していたが、実際に何度か使ってみたところ、持続性は平均的かやや高いくらい。

公式によると「滑りが悪くなった時に、少量の水分を加えると復活!」とあるが、果たしてセックスの最中に霧吹きで水分を足す行為はいかがなものだろうか…?

 

持続力&粘度は他の水溶性ローションと大きな変化は見られないものの、成分の安全性の高さ、多くのゲイの声を反映して作られたという使い勝手の良さは高く評価したい。

 

 

8986(バックヤロウ)
1,620円 110g
種類:水溶性ローション
成分:水、親水性ポリマー、ヒアルロン酸Na、コラーゲン、保湿剤、プロピレングリコール、パラベン
購入はこちら|Amazon

 

半水溶性のユニークな使い心地「ブラン シークレット」

 

 

 

アナル用ローションとして人気なのが「ブラン シークレット」のシリーズ。

こちらは水溶性ローションとシリコンをミックスした”半水溶性”になっており、水溶性の弱点である乾きやすさをシリコンでカバー。シリコンの後処理のめんどうさも取り除くという、両者の良い所取りをしたハイブリッド品。

 

内容成分にコラーゲンやヒアルロン酸、ミネラルオイル、ローズウォーターなど、セックス用ローションとは思えないほどの贅沢成分をたっぷり配合。

 

使った感想としては、液だれの心配がないゲル状なのが良いのと、シリコンを配合しているため、水溶性に比べて乾きづらく行為中しっかりと持続してくれる点が良い。

また、見た目もメンズコスメのようなデザインのため、洗面台や部屋の中に置いても違和感なし。

 

デメリットをあげると、ひねって開けるタイプのフタなので、セックス最中に付け足したい場合は少々不便。

そして一番のネックは値段が高い点。容量100mlに対して定価1,944円なので、決してコスパが良い方ではない。

 

ただ、スタイリッシュなデザインと、半水溶性のユニークな使い心地、贅沢成分たっぷりなので、質の高さを重視する人にとっては最上級のローションだ。

 

 

ブラン シークレット スタンダード
1,944円 100ml
種類:水溶性ローション
成分:精製水、ポリクオタニウム-39、ジメチコン、ミネラルオイル、コラーゲン、L-アルギニン、ローズウォーター、ヒアルロン酸Na、他
購入はこちら|Amazon

 

持続性を求めるならこれ!「アストログライド エックス」

 

 

 

アメリカ発の「アストログライド」は、NASAのダニエル・レイ博士が引退後に開発したローションブランド。

元々は女性向け水溶性ローションが人気のブランドだが、「アストログライド エックス」は、初のシリコンオイル系ローション。

 

日本では一般的ではないが、欧米のゲイの間ではメジャーなシリコンオイル系ローション。

シリコンが直腸内に膜を張ることで滑りを良くしてくれるのが特徴で、長時間乾きにくく、セックス中の付け足しがいらない。

また水溶性に多い、セックス中の泡立ちや糸引きがないのも嬉しい。

 

デメリットとしては、オイル状なためベッドに垂れやすく扱いが難しい点と、油なのでシャワーでなかなか洗い流せない点。

あとは輸入品という点もあるが、容量が少なく値段が高いところ。そして、成分のほとんどが化学成分のシリコンで作られているので、直腸から体内へ吸収される可能性が少なからずある。

 

デメリットはあるものの、「セックス中に乾きたくない」「滑りが一番重要!」「付け足す手間がイヤ」な人にとって、オイル系は最適な選択だろう。

 

 

アストログライド エックス
1,770円 74ml
種類:シリコンオイル系ローション
成分:シクロメチコン、ジメチコン
購入はこちら|Amazon

 

日本初オーガニック・アナルローション「bdaオーガニック」

 

 

 

最後は、日本初のオーガニック認証を取得したセックスケアブランド「bdaオーガニック」から、アナル用に開発された「ジェリーローション ハード」。

 

既存のローションのほとんどは、ポリアクリル酸ナトリウムやポリクオタニウム、シリコンなどの化学成分で作られているが、このハードローションはオーガニック成分78.8%で作られており、もし直腸から体内に吸収されても問題ない、非常に安全性の高い成分で作られている。

 

また、自然由来の保湿成分、アロエ、オーガニックグリセリン、ヒアルロン酸、グリーンティーエキス、パールエキスを配合しており、セックスで傷つきやすいアナルを保護してくれる効果も。

 

使用した感想として、オーガニックで作られているため粘度が気がかりだったが、その点は全く問題なかった。

ただ、水溶性のため持続力は平均的で、長時間のプレイであれば付け足しは必要になってくる。

 

また、ローションとしては珍しい置き型のポンプ式なので、ベッド上で置いたり付け足したりするには慣れないと使いにくい。ただ、デザイン的に見ると置き型がスタイリッシュなため、一長一短といったところだろう。

 

そして、値段が高いため一見コスパが悪いように見えるが、容量はたっぷり300ml入っているため、今回比較した5商品の中で「ぺぺ」に次いで2番目にコスパが良いことになる。

 

特にウケでお尻への負担を抑えたい人、高い品質や安全性を求める人にオススメのローションだ。

 

 

bdaオーガニック ジェリーローション ハード
2,484円 300ml
種類:水溶性ローション
成分:アロエベラ液汁、オーガニックグリセリン、ヒアルロン酸Na、パールエキス、他
購入はこちら|Amazon

 

 

総合ランキング1位は…

5商品を5つの項目で得点を付けた、最終的なランキング結果はこちら。

 

 

 

結果は、不動の王者「ぺぺ」がまさかの最下位。そして新参者の「bdaオーガニック」が首位に輝いた!

「bdaオーガニック」は、ローションとしての機能性は平均的ながら、高い安全性、デザイン性など、総合力が高いことが1位につながった。

 

もちろん、5つの商品ともにメリット・デメリットがあるため一概に優劣を付けることはできないが、ぜひとも今後のローション選びの参考にしてみて欲しい。

 

*レビュー内容&ランキングは、編集部による独断と偏見によるものです。
*価格はメーカー希望価格ではなく、Amazonでの新品価格を参照しています。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

夏休みはアート巡りをしよう!注目の展覧会7選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

パンツにもっと"自分らしさ"を 「W-MAGIC」が放つ個性派パンツの魅力

LOVE

編集部セレクト「真夏のハッテンポーチ」

BEAUTY

将来の肌のために…今年は焼かない!メンズ向け日焼け止めガイド

LIFESTYLE

夏は「夜デート」を狙うべし。涼しくて快適な夜デートスポット

ENTERTAINMENT

夏休みはアート巡りをしよう!注目の展覧会7選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline