2019/12/17

三大宗教の聖地、イスラエルのエルサレムで唯一のゲイバー「Video Pub」

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ゲイバー「Video Pub」へ

ヘラニ・ハマルカ通りを進み、Yohanan Horkanos Stを曲がった所にVideo Pubはあります。エルサレムらしい趣のある石造りの門から、敷地内に進んでいきます。 

 

 

この門を進んだ先にVideo Pubがある。

 

門の左上にある、レインボーで「V」とデザインされた看板が目印。

 

そのまま中へすすむ。ドラァグクイーンショーなどのフライヤーなどがある。

 

右側にある階段を登った先にVideo Pubのエントランスがある。

 

エントランス前の踊り場は喫煙場所のようになっている。

 

Video Pubの中の様子

全体的に中はこじんまりしていて、 大きく3つのスペースに分かれています。 「カウンタースペース」「立ち飲みスペース」「テラススペース」をそれぞれ紹介していきましょう。

 

カウンタースペース

 

 

 

 

入ってすぐのところにバーカウンターがある。雰囲気は日本のゲイバーにも似ているが、サービスは欧米式のショットバー。店員が女性の時もある。

 

 

 

 

カウンターに英語とヘブライ語(イスラエルの公用語)のドリンクメニューがあり、ここで注文・清算する。店員さんには英語が通じるのが一般的。

 

 

ジントニックを頼むとこんな感じ。37シェケル/約1,110円。

 

棚には万国共通のゲイアイテムがディスプレイされている。

 

壁に飾られた、いかにもゲイバーな安心感のある写真。

 

奥に立ち飲みスペースが続いている。

 

立ち飲みスペース

 

 

密室でもダークルーム(ハッテンスペース)でもない。カウンターが窮屈に感じる人はここでくつろげる。

 

「貴重品はお手元に」という旨の注意書き。公共機関の掲示と同じく3か国語(ヘブライ語・英語・アラビア語)で記載されている。

 

床の石畳はエルサレムストーン(エルサレムでは建築物での使用が義務付けられている)。ちなみに「嘆きの壁」も同じ材質。

 

テラススペース

 

 

店内と比べると広々とした空間。

 

頭上にはレインボーフラッグのデコレーション。

 

近所のレストランが丸見えなので、(ギリギリ)ルーフトップと言ってもよいかもしれない。

 

個室のトイレがこのエリアにある。

 

トイレの中へ(おまけ)

 

 

トイレの壁にはVideo Pubのイベント表(英語・ヘブライ語)。アラビア語の落書きもちらほら。

 

「エルサレム・ドラァグ・ショー」のポスターも。やはり表記は英語とヘブライ語。

 

エルサレムのドラァグクイーン(おそらく)。

 

Video Pubへのアクセス

観光でのエルサレムの滞在は、旧市街の西側にある「Downtown Triangle」というエリア周辺が人気のようですが、Video Pubはそこから数百メートル(徒歩5分くらい)の距離です。道もややこしくないので、アクセスは簡単だと思います。

治安に関しても、このあたりは整備された都会なので、神経質に警戒する必要はないと言えるでしょう。 

 

 

Video Pubのエントランス付近に貼られた粋なステッカー。同性愛に反対の立場とされる「超正統派/Haredi」と呼ばれるユダヤ教徒がモチーフ。

 

Video Pub
住所:Yohanan Horkanos St 1, Jerusalem
営業時間:20時オープン(金曜のみ22時〜)
ハッピーアワー(1+1):20時〜21時半
店舗情報

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline