2021/08/16

大阪に来たら行くべし!「Wホテル」のヒップなラウンジ【GAYめし】

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

旅ライターのがぅちゃんです。ゲイ向けでは無いけれど…ゲイたちにおすすめしたいエッジの効いたお店を紹介する連載企画〈GAYめし〉。

 

今回は、大阪の心斎橋(しんさいばし)にあるラグジュアリーホテルの「W大阪」内にあるカフェラウンジ「リビングルーム」を紹介します。

 

 

リビングルームにある、インスタグラムでまま見かける席。

 

心斎橋にオープンしたホテル「W大阪」

 

W大阪のエントランス。

 

アメリカの「マリオット・インターナショナル」が展開するホテルブランドに、「Wホテル」というのがあります。「ラグジュアリーホテル」と言われている類のホテルです。そんなWホテルとしては日本初進出の「W大阪/W Osaka」が、2021年3月16日に、「心斎橋/しんさいばし*」にオープンしました。大阪の新名所として話題です。

 

W大阪は、それ自体が目的地になりそうな場所です。デザインは建築家の安藤忠雄、インテリアは、オランダの建築会社「コンクリート社」。「大人の遊び場」がコンセプト。

 

ホテル内には飲食店が6つあり、メインダイニング、鉄板焼き屋、日本料理屋、カフェ、プールバー、カフェラウンジの「リビングルーム」となっています。

 

 

W大阪3Fにあるカフェラウンジ「リビングルーム」。

 

W大阪のある心斎橋は、大阪の定番観光地でもあり、ポッシュなショッピングエリア。南に行くと「難波」があります。難波と「梅田/うめだ」は、大阪の二大繁華街。

難波周辺は「ミナミ」、梅田周辺は「キタ」と呼ばれています。ゲイバーはこの2箇所に集中していて、ミナミが浅草、キタが新宿、のような感じです。

 

 

心斎橋にある、世界初のルイ・ヴィトンのカフェ「LE CAFE V」。

 

リビングルームの雰囲気

 

お立ち台のような席。

 

話が脱線しますが、大阪市は人口280万のメガシティ。そのバイブスも含め、日本のLAと呼ばれています(私に)。

 

ちなみにLAの人口は370万で全米2位。次がシカゴで270万人。つまり大阪は全米3位(!)。前置きが長くなりましたが、要するに、世界都市OSAKAのダウンタウンにある「大人の遊び場」がリビングルームというわけです。

 

 

小さい提灯(ちょうちん)が浮いてるバーカウンター。

 

でっかい提灯が浮いてる座席。

 

DJブースもある。

 

フューチャリスティックで異空間。「この建物はいま、宇宙にむかって進んでおります」なんてアナウンスがあれば、酔ってなくてもうっかり信じてしまいそう。そんな世界観が展開していました。

 

白と銀でデフォルメされた提灯(ちょうちん)型ライトが印象的。こんなに提灯が並んでいるのに居酒屋っぽさがない。見ていて楽しい空間でした。

 

 

座席の雰囲気。

 

リビングルームのメニュー

 

画集みたいなサイズ。読んでて楽しい。

 

「ごはんもあるバー」といってしまえばそれまでですが、本質はバー。あくまでもお酒を飲む場所。とはいえフードは充実していて、「カレー」「ハンバーガー」「フムス」などあります。

 

メニューの本が思っていより分厚かったのですが、しおりで分類されていて、読みやすかったです。

 

 

カクテルは「ミクソロジー/MIXOLOGY」と呼ばれていた。

 

つきだしのポップコーン。

 

ジントニック「Living Room ”G&T”」。2280円。

 

リビングルームのいいところ

 

テーブルに置かれたカード。「ボトルあけよッ!!」っと書かれている。

 

リビングルームの雰囲気を一言で説明すると、ネットフリックスのドラマ「フォロワーズ」の世界。ヒップでポッシュ。そんな感じの空間でした。

 

DJが生演奏していて、テンションが上がったらフロアで舞っても浮かない雰囲気(むしろ体を揺らしてるのが自然な空気)。ヨーロッパの高級クラブみたいでした(照明は暗くない)。

 

 

ドラマ「フォロワーズ/FOLLOWERS」。

 

座席の種類が多いので、一人でもカップルでも、大人数でも、うまく収まりそう。でもここは、誰かの誕生日とかに5〜6人でおしかけたら一番楽しい気がします。

 

スタッフもノリがすこぶるいいので、ちょっと贅沢にイキりたいときとか、最高だと思います。ゲイがいないのが不自然といった感じの環境でした。

 

 

トイレはセーラームーンみがある。

 

注意事項はドレスコードのみ。「スマートカジュアル」が推奨されているので、サンダルと短パンでの入店は絶対に大丈夫とは言えないです。

 

とはいえケツワレ一丁で行っても、「笑い」と捉えてくれそうな空気はあります(でもホテルのエントランスで弾かれると思う)。アフタヌーンティーなら予約なしで入れましたが、夜は予約が無難な気配でした。

 

 

リビングルーム(W大阪)の地図。

 

リビングルーム/Living Room
住所:大阪市中央区南船場4丁目1-3
最寄駅:地下鉄「心斎橋」
営業時間:11時半〜0時(ラストオーダー23時半)、アフタヌーンティー:14時~17時
注意事項:ドレスコード「スマートカジュアル」。カバーチャージ1500円。
お店のHP >>

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline