2016/02/24

【インタビュー】アンドリュー・ヘイ監督最新作『さざなみ』

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

main_small

© Agatha A. Nitecka

 

これまで『ウィークエンド』『LOOKING』など、ゲイテーマの作品を数多く手掛けてきました。今回はゲイ映画ではないですが、作品製作における一貫したテーマはあるのでしょうか?

 

私自身がゲイなので、ゲイの恋愛に興味を持って映画を作ってきました。

『ウィークエンド』『LOOKING』も、自分たちのアイデンティティーをどう理解するのか?また、我々の関係性をどう理解するのか?が鍵になっています。

「相手を理解するということ」「誰かとつながりたい」とすることを、ゲイ映画でもそうではない作品においても、私の一貫した製作テーマとして掲げています。

 

 

今後は、セクシャリティを問わない作品を作られるのでしょうか?

 

そうですね。私の映画は、恋愛関係を描くことはありますが、登場人物がどのようなセクシャリティなのか、どのような環境にいるかはあまり関係がなく、その人物にフォーカスした作品を作り続けていく予定です。

 

 

今後の作品といえば、先日、アレキサンダー・マックイーンの伝記映画を撮ると発表されましたね。どのようにマックイーンを描く予定ですか?

 

関連記事 >> アレキサンダー・マックイーンの伝記映画を、アンドリュー・ヘイ監督が製作へ

 

その件に関しては、あまり多くを語れないです。それは脚本にかかっているところなので。

彼は仕事に対して天才的なところがあり、私はその部分に非常に魅了されました。

また、よく聞かれるのですが、ファッションに興味を持ったというよりも、マックイーン自身にとても興味があります。

 

 

オープンリーゲイとして知られるマックイーンですが、彼の恋愛やラブシーンも描く予定はありますか?

 

それらを話すのはまだ早いですね、なぜなら現段階では製作決定したのみで、2017年から製作スタート予定だからです。

なので、まずは本作『さざなみ』を是非観て欲しいですね。

 

 

sub3_small

© Agatha A. Nitecka

 

監督は同性婚をされていますが、本作で描かれているような「夫婦の危機」的状況はこれまでにありましたか?

 

うむ、それはないですね!同じ状況はないにしろ、重なる部分はあります。

恋愛関係をきちんと保つ為にはお互い努力しなければならないし、私も常にパートナーを理解しようと努力しています。

 

 

愛をテーマにした作品が多いヘイ監督ですが、監督の考える「愛」とは何でしょう?

 

とても難しい質問ですね(笑)

私が思う愛は「一人ではないという感覚」です。

恋をしているということは、それ以外が良くなることではないですが、恋をしていると、誰かと自分の人生を共有している感覚を味わうことができます。

 

相手もそれを理解してくれるのであれば、お互いが生きやすくなる。愛とは、人生を楽しみ続ける秘訣なのかもしれません。

 

 

話しを戻しまして、本作『さざなみ』をどのような人々に観て欲しいですか?

 

いろんな人に観て欲しいですね。老若男女、セクシャリティ問わず。

観た人が「人生において何かしらの疑問を投げかける」映画になれればと思っています。

 

      *  *  *

 

映画『さざなみ』は、2016年4月9日(土)よりシネスイッチ銀座ほかロードショー。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ゲイたちにおすすめ「2022年のベストバイ」編集部が厳選!

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

心がザワついた時に…「マインドフルネス」を実践しよう!

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

アナルが開く?持続力が増す?セックスに「CBD」がオススメな理由

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

男だけの話題ゲーム『クレイヴ・サーガ』。開発者に想いを聞いた

LIFESTYLE

ゲイたちにおすすめ「2022年のベストバイ」編集部が厳選!

CULTURE

鈴木亮平がゲイ役を演じる『エゴイスト』、セクシーな本ビジュアル+予告が公開

LOVE

【特集】PrEP 情報まとめ

LOVE

あなたを「犬」にたとえると?性格でわかる【犬診断】

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline