2015/09/23

ストレートもゲイもバイも、同性同士でキスして抗議するキャンペーンが話題に

 

 

ここのところ米LGBTニュースを騒がせているアンチゲイ書記官のキム・デイビス氏。

今年6月に全米同性婚が解禁されたにも関わらず、ケンタッキー州の役所にて結婚許可証の発行を拒否し続け、ついには拘置所送りになった女性書記官だ。

 

そんなデイビス氏に抗議するべく、ストレート男性2人がユニークなキャンペーンを始めた。

それは、同性同士のキス写真をSNSにアップし、ハッシュタグ『#KissesForKim』で拡散しようというもの。

 

キスによる抗議は『キス・イン』と呼ばれる抗議運動の一つだが、今回画期的なのはストレート、ゲイ、バイセクシャルなど、セクシャリティを問わず同性同士でキスして抗議しようという点だ。実際、このキャンペーンを始めた男性2人もストレートで親友同士。

 

2人は動画で、「この動画を見ている人は、親友や誰か友達をつかまえてキスして、それを『#KissesForKim』を付けてアップしてほしい。キムに向けてのメッセージなんだ。」「ゲイでもストレートでもバイでもトランスでも誰でもいいから、愛を示そうよ!」とメッセージを伝えている。

 

 

 

 

この動画が公開された後、ハッシュタグ『#KissesForKim』を付けた多くのキス写真がSNSにアップされている。

SNSから一部抜粋して紹介。

 

 

 

 

Fun in NOLA #nola #kissesforkim #southerdecadence

Harveyさん(@barge_guy)が投稿した写真 –

 

 

This is just what society needed. #kissesforkim

Grant Gordonさん(@gograntgordon)が投稿した写真 –

 

 

Repost of this classic #KissesForKim

Chelsea Frankさん(@chelseafrank)が投稿した写真 –

 

 

#kissesforkim

Kevin Cavanaughさん(@kevincavanaugh376)が投稿した写真 –

 

 

Kisses for Kim! Remove her from her position. #kissesforkim

StwdScrwdTa2dさん(@bloodyblueeyez)が投稿した写真 –

 

 

#kissesforkim spread the love!

Peggy O’Learyさん(@aunt_pughy)が投稿した写真 –

 

 

 

ストレート、ゲイ、バイ、トランスといったセクシャリティ関係なく、差別を愛で訴える同キャンペーン。

あなたも親友をひっ捕まえて参加してみてはどうだろうか?

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline