HIV陽性者の平均寿命は78歳。一般とほぼ変わらない結果に(研究結果)

May 30th, 2017

「HIV陽性」と判断された人の平均寿命は、非感染者と “ほぼ変わらない” とする最新の研究結果が発表された。

 

 

 

 

英ブリストル大学の研究チームがHIV感染者8万8500人に調査を行ったところ、2010年に20歳でHIV治療を開始した人は、1996年に治療を開始した人よりも平均余命が10年長いという結果になった。

早期でHIV治療を開始した人の平均寿命は78歳となり、これは非感染者とほぼ変わらない寿命となる。

 

平均寿命の大幅な改善は、HIIVの新薬や治療の進歩が挙げられる。

エイズが流行した80年代後半は「HIV/エイズ=死の病」とされていたが、昨今の飛躍的なHIV治療の進歩により、非感染者とほぼ変わらない寿命やライフスタイルが送れることは、とても喜ばしいことだ。

 

平均寿命の増加には「HIVの早期発見」が必須

ただ、寿命が一般とほぼ変わらずに送れるのは、HIVを早期発見した人々ということを忘れないでほしい。

今回の発表では、8人に1人のHIV感染者が、感染の事実を知らずに生活していると推測している。

 

日本でも厚労省が発表した調査によると、2016年に新たにHIV/エイズの感染が発覚したのは1440人。そのうち、すでにエイズ発症の患者が全体の30%(437人)と、早期発見していればエイズ発症を抑えられた人々は多い。

 

ゲイたちは、日々セーファーセックスを心掛けることはもちろんのこと、必ず定期的なHIV検査を行なってほしい。

 

OTHER

LOVE

日本初、「アナル」の性感染症を検査・治療できるクリニックとは?

LOVE

HIV/エイズ、新しい感染者は1440人。感染者数は10年横ばい

LOVE

自分のカラダの「すべて」を知ろう。セックスのこと、HIVのこと

LIFESTYLE

HIVと喫煙のコンビネーションは命に関わる

LIFESTYLE

自分でHIV検査ができる、画期的な「USBスティック」が登場

LOVE

ゲイの10人に4人が、コンドーム無しのセックスをしている(調査結果)