インド、中国など、アジア10ヶ国がHIV感染者の95%を占めている

August 18th, 2017

国連からHIV/エイズについての調査報告書が発表された。これは、HIV/エイズのキャンペーン「エンディング・エイズ」の一環として行われたもの。

 

報告書によると2016年の時点で、インド、中国、インドネシア、パキスタン、ベトナム、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、タイ、マレーシアの10カ国がアジアに置けるHIV感染者の95%を占めていることが明らかとなった。

 

 

 

 

感染者の多くは、セックスワーカーとそのクライアント、ゲイ男性やその他の男性とセックスをする男性、注射針でドラッグを利用する人、トランスジェンダーの人々であるという。報告された感染者の数は、2010年の31万人から2016年の27万人と、過去6年間に渡って13%減少した。

 

現在、世界のHIV感染者3,670万人のうち、治療を受けられるのは1,950万人のみである。

また、エイズに関係する死者は、2005年の190万人から100万人に減少した。国連は、治療を受けられるHIV感染者の数を2020年までに3,000万に増加することを目指している。

 

「2015年の1,500万人が治療を受けられる環境を整えるという目標を達成しました。我々は2020年までにこの数を倍の3,000万人に増やしたいのです」と国連エイズ合同計画マイケル・シディベ事務局長は述べる。

 

シディベ事務局長は「我々は、これからも必要がある限り人々に手を差しのべ続け、一人も取り残されないようにする」と意気込んだ。

 

また、HIV感染者の30%は、自身のHIV陽性である事実を知らないという。

 

OTHER

LGBT

世界一ゲイとして生き辛い国は中国?最新ランキングで明らかに

LGBT

「治療中のHIV陽性者からは感染しない」という事実を、4人に1人のゲイ

LOVE

HIV陽性者の自殺率は一般の2倍(調査結果)

LOVE

HIV陽性者の平均寿命は78歳。一般とほぼ変わらない結果に(研究結果)

LOVE

HIV/エイズ、新しい感染者は1440人。感染者数は10年横ばい

ENTERTAINMENT

中国の超人気ゲイドラマ『Addicted』が、政府により規制