2018/07/05

さいたま市、「同性パートナーシップ制度」導入へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

埼玉県さいたま市にて、「同性パートナーシップ制度」の導入の検討をすることがわかった。

 

7月3日、さいたま市の清水勇人市長は記者会見にて「同性パートナーシップ制度」導入を前向きに検討することを発表。

 

清水市長は「制度を導入することで、性の多様性を尊重する本市の姿勢を示していきたいと考えている」と述べさらに、「本来、国レベルで議論される事案である。全国で統一的なパートナーシップ制度のルール作りに取り組むよう要望することも必要」と見解を述べた。

 

市長が話すように、同性パートナーシップ制度は全国の自治体で広まっており、それぞれ条件や形式が異なっている。

主にベースとなっているのは、渋谷区型と世田谷区型だ。

さいたま市の場合、現段階でどちらにするかは議論の上で決定するそうで、今年中をめどに制定を進める方針を示した。

 

さいたま市といえば、埼玉県の県庁所在地であり政令指定都市。

日本で9番目に人口の多い都市とあって、同市のもたらすインパクトは大きく、さらに多くの自治体で「同性パートナーシップ制度」の気運が高まりそうだ。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline