2018/07/05

さいたま市、「同性パートナーシップ制度」導入へ

 

 

埼玉県さいたま市にて、「同性パートナーシップ制度」の導入の検討をすることがわかった。

 

7月3日、さいたま市の清水勇人市長は記者会見にて「同性パートナーシップ制度」導入を前向きに検討することを発表。

 

清水市長は「制度を導入することで、性の多様性を尊重する本市の姿勢を示していきたいと考えている」と述べさらに、「本来、国レベルで議論される事案である。全国で統一的なパートナーシップ制度のルール作りに取り組むよう要望することも必要」と見解を述べた。

 

市長が話すように、同性パートナーシップ制度は全国の自治体で広まっており、それぞれ条件や形式が異なっている。

主にベースとなっているのは、渋谷区型と世田谷区型だ。

さいたま市の場合、現段階でどちらにするかは議論の上で決定するそうで、今年中をめどに制定を進める方針を示した。

 

さいたま市といえば、埼玉県の県庁所在地であり政令指定都市。

日本で9番目に人口の多い都市とあって、同市のもたらすインパクトは大きく、さらに多くの自治体で「同性パートナーシップ制度」の気運が高まりそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline