October 18th, 2018

Netflix、ゲイ差別コメントに”レインボー”で対抗

Netflix公式が、オリジナルドラマ『エリート』に寄せられた差別的なコメントに対し、ウィットに富んだ切り返しを行い賞賛されている。

 

 

 

 

『エリート』は、10月15日より全世界配信開始したNetflix発の学園ドラマ。

スペインのエリート学校で起こる事件を描いた本作には、ゲイ的要素、HIV問題、ムスリムなど多くのテーマを含めており、公開から数日にもかかわらず大きな反響を呼んでいる。

 

関連記事 >> ゲイ的要素もあり。Netflixドラマ『エリート』がアツい

 

ドラマでは、ムスリムでゲイのオマールと、金持ちのアンデルとのゲイ的恋愛模様が描かれる。

Netflixはインスタに、「僕が欲しいのはあなたと一緒にいることだけ」とコメントそえた愛らしい二人の写真を投稿。

 

 

View this post on Instagram

The only thing I want is to be with you. #Omander

Netflix USさん(@netflix)がシェアした投稿 –

 

 

この心温まるゲイカップルの写真に対し、一人のホモフォビア(同性愛嫌悪)が、「俺のインスタから消え失せろ!この惑星にはゲイはいない」と差別的コメントを投稿したのだ。

 

しかし、これに対しNetflix公式はこう切り返した。

 

「ごめんなさい〜、この美しいレインボーに囲まれていたから、あなたのコメントを読むことができなかったです」

 

 

*実際の投稿

 

上の写真にあるように、Netflix公式は大量のレインボーの絵文字をつけて投稿。もちろんこのレインボーとはLGBTQを意味している。

 

アンチに対しウィットに富んだ切り返しをしたNetflixに対し、SNS上では賞賛のコメントが殺到!現在までに42万件以上のイイネがついている。

同社は、オリジナルドラマに多数のLGBTQキャラやシーンを盛り込むことで知られており、LGBTQコミュニティへの敬意とサポートの姿勢を常に示してきた。

 

関連記事 >> Netflixで観る、LGBTテーマのオリジナルドラマ3選

 

オマール×アンデルの純愛も見どころのドラマ『エリート』、まだ観てない人はぜひチェックしてみて。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ゲイ的要素もあり。Netflixドラマ『エリート』がアツい

ENTERTAINMENT

弁護士ゲイカップルをつづったドキュメンタリー映画『愛と法』、9月に公開

ENTERTAINMENT

「ヴェルサーチ殺害事件」を描くTVドラマ、リッキー・マーティンら出演へ

LGBT

ブラジル、1日に1人のLGBTが殺されている。衝撃の調査結果

LGBT

LGBTQを讃えたYouTubeの公式動画に、差別的コメントが殺到

LGBT

「同性愛者は入店させないで」クレーマーに対し、店側の対応が素晴らし過ぎ