2018/11/18

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

素晴らしい映画!だけど真実は知っておいてね

ジムもHIV陽性だった

 

ジムとフレディ

 

映画ではジムについてサラリと描かれているが、フレディの人生の最重要人物であったことに間違いはない。

ジムは穏やかな性格と純粋な人柄で、孤独で破天荒な性格のフレディに寄り添った。

1987年、HIVだと知ったフレディはジムに感染を告白。

 

フレディは別れを覚悟していたが、ジムは「それでも君を愛している。僕はどこにもいかないよ」と返答し、亡くなるまでの4年間、献身的にサポートした。

 

1991年、ジムはフレディが息をひきとる瞬間まで側に居続けた。

 

しかし彼は1990年に、自身もHIV陽性者と診断されていたのだ。

ジムはフレディに心配をかけまいと、HIVであることを黙って看病を続け、最後までフレディに明かすことをなかったそう。

 

そんなジムは、なんとHIVと診断されてから20年後の2010年、60歳でこの世を去った。当時HIV/エイズは死の病だったにも関わらず、それから20年も生き延びたのだ!

 

フレディのことを心から愛した素晴らしいパートナーのジム、その愛の深さは二人の仲睦まじい写真から伝わってくる。

詳しくはこちらの記事にて。

 

関連記事 >> フレディ・マーキュリーとその恋人、二人の仲睦ましいカップル写真が公開

 

***

 

「え、伝記映画なのに事実と違うじゃん…」と落胆した人も少なからずいるだろう。上記以外にも本作では事実と異なる点が多く存在する。

 

もちろん、これらの指摘で映画の感動に水を差すつもりはない。

本作は史実に基づいて作られた”ミュージカル・エンタメ作品”としての役割が大きいからだ。

 

多少の脚色はあれど、30年前に亡くなった天才フレディ・マーキュリーの魅力を子供からお年寄りまでダイナミックに伝えられるのであれば、それが映画というエンタメの力なのだから。

 

世界的アーティストであり、また一人のゲイ男性として、フレディの真実はぜひ知っておいてほしい。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline