2018/11/27

同性カップルのキスを描いた「資生堂」のウェブ動画、広告賞を受賞

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

化粧品会社「資生堂」の同性カップルのキスを描いたウェブ動画「The Party Bus」が、アムステルダムで開催された「エピカアワード 2018」にて2部門で金賞を受賞。

 

さらに、全部門の金賞受賞作品の中から選ばれる「フィルム・グランプリ」に輝き話題になっている。

 

 

The Party Bus|SHISEIDO

 

ウェブ動画「The Party Bus」は、ショートフィルム仕立てになっており、勇気に変わるメイクの力がテーマ。

 

 動画タイトルは「好きだなんて 言えない」だ。

物語の舞台はパーティー三昧のバスの車内。一人浮かない顔をした主人公は、メイクによって本当の自分らしさに気づき、言いたくても言えなかった「好き」を伝えに、バスを飛び出すのだった──。

 

 

 

 

メイクによって自分らしい美しさを手に入れ、そこから勇気が生まれ行動に移すという内容。同性カップルをテーマにしたLGBT向けCMとしても秀逸だ。

 

本動画は1カ月で再生回数750万回を超えるなど大きな反響を呼んでいる。

 

ちなみに資生堂といえば、LGBTの祭典「東京レインボープライド」への毎年の協賛など、LGBT、とくにトランスジェンダーのためのメイク講座を行うなど、LGBTフレンドリー企業としても有名だ。

 

日本ではLGBT要素を含めたCMやキャンペーンを行う企業が少ない中、化粧品最大手であり、率先してダイバーシティに取り組む資生堂の姿勢は高く評価されている。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline