2016/11/07

ゲイはストレートに比べ、薬物・アルコール中毒が多い(調査結果)

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

アメリカ政府が2015年に行った調査によって、ゲイ・レズビアン・バイセクシャルの人たちは、ストレートの人たちよりも違法薬物の使用と処方薬の乱用が多いことがわかった。

 

 

drug

 

 

米薬物乱用・精神衛生管理庁によって10月に公表された同調査結果は、ゲイ・レズビアン・バイセクシャルと自認する人たちの39.1%が、不法薬物を昨年使用していたことを明らかにした。なお、ストレートの人たちの割合は、17.1%であった。

 

調査によって、性的少数者の薬物使用は、処方鎮痛剤からコカイン、メタンフェタミン(覚せい剤の一種)に至る全ての薬物において、多数を占めていることも明らかとなった。

 

またゲイ・レズビアン・バイセクシャルの人たちは、ストレートの人たちと比べて、飲酒と喫煙の割合も大きいことがわかった。ゲイ・レズビアン・バイセクシャルの人たちの飲酒の割合が63.6%に対してストレートの人たちは56.2%、喫煙の割合が32.2%に対して20.6%であった。

 

LGBTの有名人たちは、性的少数者の薬物乱用を危惧し、すでに以下のようなキャンペーンや呼び掛けを行っている。

 

ル・ポールのドラァグ・レースでおなじみのシャンジェラ、マニラ・ルソン、トリクシー・マッテル、タミー・ブラウンは、アメリカ食品医薬品局の”Be Known for Your Flawless(あなたが完璧であるということを知らしめなさい)”という禁煙キャンペーンに参加している

 

ソーシャル・メディアの有名人カイル・クリーガーは自身の薬物・アルコール依存についてTEDトークで語った

 

ジャーナリストのオーウェン・ジョーンズはLGBTコミュニティ内における薬物・アルコール依存について”a demon more powerful than HIV(HIVより強力な悪魔)”という記事を執筆した

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「PrEP」を手頃に、安全に買う手段が増えてきた!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

宇多田ヒカル、「ノンバイナリー」をカミングアウト!

BEAUTY

トレーニー向け、斬新なスキンケアがデビュー

CULTURE

「SATC」続編にビッグ、エイダン、スティーブ 3人の出演が決定!

BEAUTY

睡眠、健康、美容にも。世界的に話題のリラックス成分「CBD」とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline