December 13th, 2018

日本初、耳が聞こえない人の為の「HIV/エイズ啓発動画」

耳が聞こえない人、聞こえる人にも

耳が聞こえない、聴覚障害をもつLGBTQのために、HIV/エイズについて学べる動画がYouTubeにて公開された。

 

手話と字幕がついたHIV/エイズ啓発動画としては、日本初の取り組みとなる。

 

 

 

 

なぜ、手話&字幕付きのHIV/エイズ啓発動画が必要なのだろうか?

 

現在、HIV/エイズのほとんどはゲイ男性だ。

ゲイはマイノリティであるが、ゲイでろう者という”ダブルマイノリティ”の人々も多く存在している。

 

しかし、現在ある啓発動画や学校教材には、ほとんど字幕がついていないため、耳が聞こえない人たちが正しい知識を学べる機会が少ない(手話付き動画はもっと少ない)。

 

そこでクラウドファンディングで資金を集めて制作され、日本初の「手話&字幕付きのHIV/エイズ啓発動画」が誕生した。

耳が聞こえない人向けではあるが、聞こえる人が見ても勉強になるように、とても分かりやすく作られている。

 

「HIVとエイズの違いとは?」といった基本的な知識から、最近よく耳にする言葉「検出限界以下」についても分かりやすく解説。

また後半には、ろう者でHIV陽性のゲイ男性による実体験が登場するなど、今までにない具体的な動画だ。

 

ちなみに、動画内で手話を担当するのは「NHK手話ニュース」の人気キャスター小野広祐さんだ。

 

HIV/エイズを学べる動画となっているので、14分強と少し長いがぜひ見てみてほしい。

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ゲイの議員、HIV陽性をカミングアウト。HIVへの偏見をなくすため

LOVE

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

ENTERTAINMENT

「関西クィア映画祭2018」が開催。大阪・京都の2会場で全31作品を上

LOVE

HIVを治療している人から、HIVは移らない(新研究)

LOVE

正面 × 愛とセックス vol.9 ─ 40代 バイセクシャル 会社員

LOVE

ナンパした男の子の耳が不自由だったら…?キュートな動画が話題に