2019/02/22

ゲイの俳優ジャシー・スモレット、ヘイトクライムを”自作自演”か

今年1月、オープンリーゲイの俳優で歌手のジャシー・スモレットが、ホモフォビアに暴行されるというヘイトクライム(差別による憎悪犯罪)が起こったが、なんと本人による”自作自演”疑惑が浮上した。

 

 

ジャシー・スモレット(36)

 

この事件は、米現地時間129日に人気海外ドラマ『Empire 成功の代償』に出演中の俳優ジャシー・スモレット(ゲイを公言している)が、シカゴにある自宅から出て来たところを2人組の男に襲撃され、顔を強く殴るなどの暴行を加えられたうえに、首に縄をかけられて謎の液体を浴びせられたというもの。

 

その際に犯人2人は「ここはMAGAの国だ!」と捨て台詞を吐いたという。このMAGAとは「Make America Great Again(アメリカを再び偉大にしよう)」という、トランプ大統領のスローガンだ。

 

このことから、トランプ支持者のゲイ嫌いによるヘイトクライムの犯行といわれ、海外のゲイ雑誌「OUT」「Gay Star News」「Pink News」らが一斉に報じ、LGBTの人権団体「GLAAD」らもスモレットへの支援を表明。

さらにはスーパーモデルのナオミ・キャンベルら著名人からも熱烈なサポートが寄せられていた。

 

ヘイトクライムは”自作自演”の可能性大。警察はスモレットを逮捕へ

しかし事態は一転。

米シカゴ警察は2月20日、ヘイトクライム被害の虚偽の通報をした罪で、スモレットを訴追したと発表した。

 

米メディアによると、スモレット容疑者自身がこの襲撃を計画し、襲撃をしたナイジェリア人の兄弟に金銭を支払ったという。

このナイジェリア人の兄弟、オラとアベル・オサンデイロ容疑者は、事件後にアメリカを出国し、先週再入国した際に逮捕された。2人は捜査に協力したことで釈放され、今回の事件の真相が明るみになった。

 

兄弟のうち1人はスモレット容疑者の個人トレーナーで、2人ともドラマ「Empire 成功の代償」にエキストラとしての出演経験がある。

米CBSシカゴのチャーリー・デ・マー記者は、「『襲撃』の前に物品を購入する兄弟が映った監視カメラ映像を入手した。情報筋によると、スモレットはどれを買うよう兄弟に指示していた」ともツイートしている。

 

さらに不可解な行動として、スモレットは事件があった週末、予定どおりロサンゼルスでのライブに出演していた。

心身ともに傷を負った状態であれば、ライブ出演は延期するはずだろう。

 

スモレットはライブ中に「僕は今日、ここに来る必要があった。あいつらに勝たせるわけにはいかないから」と涙ながらに観客に語りかけ、歓声を浴びていた。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

仕事に潤いを!オフィスライフを快適にするアイテム7選

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

YouTube発ゲイドラマ『東京Neighbors』、シリーズ待望の続

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

どっちのゲイライフを選ぶ?ゲイと仕事のカンケイ

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LGBT

ゲイのミスターコンテスト、日本ファイナリストが発表

ENTERTAINMENT

アカデミー賞、ゲイ&レズビアンテーマの映画3作品が受賞へ!

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline