2023/08/15

同性愛が禁じられた時代、詩人と青年の恋──映画『蟻の王』ポスターが解禁

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

79回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に選出されたイタリア名匠ジャンニ・アメリオ監督最新作『蟻の王』が、1110日(金)より全国順次公開が決定。日本版ポスターが解禁された。

 

映画は、同性愛者が禁じられた1960年代が舞台。

実在した詩人で劇作家のアルド・ブライバンティとその教え子にインスパイアされた、“人間の尊厳”を問い直す物語だ。

 

 

 

 

映画のストーリーはこちら。

 

1960年代、イタリア・ポー川南部の街ピアチェンツァに住む詩人で劇作家、蟻の生態研究者でもあるアルド(ルイジ・ロ・カーショ)は、教え子の若者エットレ(レオナルド・マルテーゼ)と惹かれ合い、ローマに出て共に暮らし始める。

 

ところが、エットレの家族は二人を引き離し、アルドは逮捕、エットレは同性愛の“治療”として電気ショックを受けるため矯正施設に送られてしまうのだった。

 

世間の好奇の目に晒されながら始まった裁判を、新聞記者エンニオ(エリオ・ジェルマーノ)は熱心に取材を重ね、不寛容な社会に声を上げるが──。

 

「同性愛者は存在しない」ファシスト政権下のイタリアを描く

ファシスト政権下のイタリアでは同性愛者は存在すら認められず、それを禁ずる法はなかったものの、その一方で“教唆罪”という犯罪が成立。

 

1968年にアルド・ブライバンティは、若者をそそのかした「教唆」の罪に初めて問われて逮捕され裁判となる。

 

これに、小説家のアルベルト・モラヴィアやウンベルト・エーコ、映画監督のピエル・パオロ・パゾリーニ、マルコ・ベロッキオら芸術家たちは強く反対の意を表明し、世に激しい議論を巻き起こし、のちに“ブライバンティ事件”と呼ばれることになった。

 

アメリオは製作の動機を「今も存在する“異なる人”に対する憎悪に立ち向かう勇気を与えたい」と語っている。

 

映画『蟻の王』は1110日(金)より全国順次公開予定。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

筋トレとセックスは「薄毛」に影響する??AGAのギモンを大調査

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

筋トレとセックスは「薄毛」に影響する??AGAのギモンを大調査

CULTURE

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

CULTURE

もうチェックした?韓国発・熊系ゲイドラマ『チアーズ』が話題に

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

LGBT

「東京レインボープライド2024」、ちゃんみな、大黒摩季、清水ミチコ、與真司郎(AAA)らが参加

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline