2019/08/08

ナッツを食べると、精子の質・量が向上する(研究結果)

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ナッツ類を食べると、作られる精子の質と量が大きく向上することが最新の研究結果で明らかになった。

 

 

 

 

AFP通信によると、スペインのロビラ・イ・ビルヒリ大学の研究チームが18~35歳の男性119人を2つのグループに分けて実験。

 

1つ目のグループには、一般的な食事にプラス@して、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ウォルナッツを毎日60グラム食べさせ、もう一方のグループにはナッツ類のない食事を取らせた。

 

この実験を14週間続けた結果、ナッツ類を摂取していたグループの精子は、数、活力、動き、形に著しい改善があったそうだ。

 

ナッツ類には、オメガ3、ビタミンCやEのような若返り物質(抗酸化物質)、セレン、亜鉛、葉酸など男性機能を改善する働きがあり、その効果が今回の研究結果とマッチしている。

 

この実験は主に男性の不妊治療を目的にしたものだが、精子の質・量の向上は、男性機能そのものを活発にするため、ゲイ男性も注目したい結果だろう。

 

男性ホルモンは20代をピークに減少するため、30代以上の男子は日常生活にナッツを取り入れてみてはどうだろうか。

 

関連記事|「ホウレンソウ」に筋肉増強効果が明らかに。効果はドーピングレベル

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline