September 30th, 2018

「ラッシュ」は本当にダメなもの?日本と世界のラッシュ最新事情

 

 

「ラッシュ(RUSH)」に対して、あなたはどういうイメージを持っているだろうか?

おそらく、いまの20代と30代以上では、ラッシュに対するイメージは大きく異なるだろう。

 

セックスドラッグとしてゲイコミュニティに広まっていたラッシュは、現在「指定薬物」として、使用・所持・輸入などが一切禁止されている。要するに持っていても使っても犯罪なのだ。

しかし、本当にラッシュは悪い薬物なのだろうか?

 

今回は、9月30日に新宿二丁目で行われたラッシュについてのトークイベント『ラッシュをめぐる最前線』のレポートをお届け。

日本と世界におけるラッシュの扱いの違い、ラッシュ使用で逮捕された当事者3名の話などを紹介したい。

 

ラッシュ(RUSH)について

まずはラッシュの基本的な情報を紹介。

ラッシュは、かつてゲイの間で絶大な人気を集めたセックスドラッグで、成分は亜硝酸エステル(亜硝酸イソブチルもその一種)。

 

ラッシュは主に日本で呼ばれている名前で、海外では亜硝酸エステルを含む商品を「ポッパーズ(Poppers)」と呼んでいる。

 

 

 

 

ラッシュには、吸うと酒に酔ったような感覚、多幸感を感じさせる。また血管拡張作用があることから、肛門の筋肉をゆるませる効果があり、ウケがアナルセックスをしやすくするために使うケースが多い。

 

1970年代からゲイたちの間で広まり、2000年前半までは「合法ドラッグ」であり、全国のゲイショップや通販で購入できた。

 

しかし、2005年に薬事法の改正で指定薬物とされ、販売が禁止、そのあと2014年には「指定薬物」の罰則が強化され、個人の使用・所持が禁止され、2015年、関税法改正で輸入も禁止され現在にいたる。

これにより、所持、使用、販売、輸入のすべてを禁止に。やぶれば最高で5年以下の懲役および500万円以下の罰金に処される。もし、軽い気持ちでまだラッシュを使っている人がいれば、こうした刑事罰を受けることを知っておくべきだろう。

 

ゲイとラッシュの密な関係とは?

トークイベントでは、HIV啓発を行うNPO法人「ぷれいす東京」の代表・生島さんから、ラッシュ規制の経緯からゲイたちとのに関係性について紹介された。

 

まずは、30年近くにわたり使用されてきたラッシュが、突然規制の対象になったのはなぜだろうか?

 

最初は、2005年の薬事法の改正により、ラッシュが合法から違法ドラッグと認定される。その時点では店での販売が禁止されたにすぎなかった。

 

転機は2014年。

東京・池袋で自動車死亡事故が発生。ドライバーが危険ドラッグを使用していたとして大きなニュースとなった。この事件をきっかけに当時の安倍総理は、危険ドラッグの対策を強化する。

危険ドラッグを販売した店舗への一斉検挙がはじまり、翌15年7月には危険ドラッグ販売店が全滅したと厚生労働大臣が発表。

 

上記の事件をきっかけに、ラッシュも危険ドラッグから、一つ上の「指定薬物」に入ったのだ。

 

しかし、この指定薬物の罰則強化の対応が早すぎることを生島さんは指摘する。

「通常、指定薬物にするには審議会~施行まで約4ヶ月かかるものを、公布から施行まで2週間で行っています。その間にあるべきのパブリックコメント(国民からの意見)などは省略されています。日本で一度『指定薬物』に指定されると対象から外すことが極めて難しいため、しっかりと議論をする必要があったと考えます」

 

下の図にあるように「危険ドラッグ」と「指定薬物」では、刑罰の度合いが大きく異なる。

 

 

 

 

驚くことに、規制が厳しくなった2015年以降、税関での摘発件数のほとんどがラッシュだという。

 

関税での指定薬物の取り締まり件数データ(財務省が発表)
2015年:1,462件(全体の9割がラッシュ)
2016年:477件(全体の7割がラッシュ)
2017年:274件

 

海外のラッシュを個人輸入した場合、上記のように税関で見つかれば即逮捕されてしまうので注意!

ラッシュを輸入するのはほとんどがゲイ男性なので、年間数百件近くのゲイが逮捕されていることになる。

 

また、HIVと薬物問題は関係が深いことは海外でも指摘されている。HIV啓発・支援を行う「ぷれいす東京」では、2005年以降に覚せい剤に関する相談が急増したという。

 

このことから生島さんは、「ラッシュなどの軽度のドラッグを規制することにより、より違法性の高い重度の薬物(覚せい剤)に追い込んでいるのでは?」と語った。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

1回の治療で最大30週間もHIVを抑えられる。最新研究が明らかに

LOVE

HIV予防法「PrEP(プレップ)」とは?日本一分かりやすく解説

LOVE

ゲイに蔓延する「キメセク」。薬物中毒から抜け出すためには?

LOVE

"薬物セックス" 経験のある4人に1人のゲイが「薬物で死んだ人を知って

LOVE

「ラッシュ」について知っておくべき10のこと

LGBT

ゲイはストレートに比べ、薬物・アルコール中毒が多い(調査結果)