2023/08/11

ゲイネタが面白い!海外のベア系芸人まとめ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

旅ライターのがぅちゃんです。

 

英語圏の芸人による漫談を「スタンダップコメディ」といいます。アメリカやイギリスで主流のお笑いです。

 

今回は、LGBTQ当事者も多いスタンダップコメディアンの中から、ベア系と呼ぶにふさわしい芸人たちをピックアップしました。(動画つき)

 

 

ベア系ゲイに人気のスタンダップコメディアン、ニック・オファーマン。

 

スタンダップコメディとは

スタンダップコメディ(stand-up comedy)とは、ジョークで観客を笑わせるパフォーマンスのこと。一人でやるのが普通なので、日本の「ピン芸人」に通づるものがあります。

 

雰囲気を例えると、TV番組「人志松本のすべらない話」で放送されるような話を舞台で披露する芸。と言えます。

 

ちなみに「兵動大樹のおしゃべり大好き。」は、完全にスタンダップコメディです。

 

 

兵動大樹のおしゃべり大好き。

 

スタンダップコメディはアメリカのアートとも言われています。

 

ルーツは、黒人への差別的な表現で知られる1840年代の大衆演劇「ミンストレル・ショー」。

 

そこで行われた話芸「スタンプ・スピーチ」がスタンダップコメディの先駆け。という考え方です。なお、現代のスタンプ・スピーチは「街頭演説」を意味します。

 

 

ミンストレル・ショーのスタンプ・スピーチ。

 

政治家のスピーチがスタンダップコメディになっている時もあります。

 

2011年のオバマ大統領のスピーチが有名で、会場にいたドナルド・トランプをスタンダップコメディのいじり芸「ロースト」で笑い物にして話題になりました。

 

オバマ大統領のスピーチ。プロがこしらえた脚本で、完全に笑いをとりにいった。

 

英語圏では一般論のスタンダップコメディ。その本質は「ストーリーテリング」と言われています。「あの感じを伝える」という術のことです。

 

つまり物書きによる表現なので、文学に通づるところがあります。

 

今では、LGBTQ当事者によるスタンダップコメディもありふれたコンテンツになっており、そこでいよいよ表面化したのが「ベア系ネタ」というわけです。

 

それでは、ベア系のスタンダップコメディアンたちを紹介していきます。

 

ガイ・ブラナム 

 

 

 

ベア系ゲイであることを公言している、ガイ・ブラナム。

 

ややステレオタイプな辛口のゲイが、自虐気味にベア系ゲイについて啓蒙するという芸風。とがったゲイバーのママみたいな態度でおもしろいです。

 

 

 

 

バート・クライシャー 

 

 

 

「ベア系ゲイの目の保養であるために何をすべきか」を誰より考えているであろう、バート・クライシャー。エッチな芸ですがゲイではないです。

 

ネタは「おばか一辺倒」。すっからかんと見せかけて実力者なので、見ていて飽きません。家族の話も多く、心がポカポカします。天才だと思います。

 

 

 

 

ラリー・ザ・ケーブルガイ 

 

 

 

「アメリカの田舎のおっちゃん」という雰囲気が最高な、ラリー・ザ・ケーブルガイ。肉体労働者の漫談「ブルーカラーコメディ」の名手です。ごりごりのノンケ。

 

えらいもんで、LGBTQをストレートにいじったりします。肉体労働者の中でも保守的な「レッドネック」と呼ばれる人々の漫談とも言われています。

 

 

 

 

ジム・ガフィガン 

 

 

 

ゲイを侮辱せずにゲイをいじれる数少ない実力者が、ジム・ガフィガン。アメリカで最高のスタンダップコメディアンの一人と考えられています。

 

芸風はチャーミングでいじわる。もうゲイにしか見えないときもありますが、ゲイではないです。

 

 

 

 

トム・セグラ 

 

 

 

チャーミングでいじわるで、ベア系ゲイのルックスを自覚しているのが、トム・セグラ。ど下ネタをしれっと言うのでエッチですが、まず知性が臭います。

 

余談ですが、バート・クライシャーと共演しているポッドキャスト番組「2 Bears, 1 Cave」が、ベア系ゲイカップルのよう。2人ともゲイではないです。

 

 

 

 

ケヴィン・ジェームズ 

 

 

 

アメリカの国民的スターのケヴィン・ジェームズ。俳優としても有名です。ネタは家族と一緒に笑える内容で、安心感があります。

 

いかにもな、アメリカのへトロセクシャル・ダディ。

 

 

 

 

J.C. クライス  

 

 

 

自分のルックスをネタにすることも多い、J.C. クライス。カラッと笑える馬鹿話が多いです。ほっこりします。

 

ベア系ゲイに間違われた時のネタがSNSで話題です。

 

 

 

 

ティム・ディロン

 

 

 

ティム・ディロンは怒っています。でっち上げてくる社会や無防備な大衆に、物申すスタイル。「やや保守的なゲイ」という人物像と相まって、説得力があります。

 

「ベア系ゲイです」と自ら謳っていくガイ・ブラナムとは別次元の、リアルなゲイ漫談。

 

 

 

 

モハメド・アマー 

 

 

 

中東のパレスチナという国にルーツがある、モハメド・アマー。マイノリティとしての人生をネタにした、典型的な「ヘリテージ・コメディ」。

 

現代社会の個人のリアリティ描写に定評がある制作会社「A24」によるTVドラマ「Mo」で、出演・脚本を務めて話題になりました。

 

 

 

 

ガブリエル・イグレシアス 

 

 

 

ラテン漫談のレジェンドが、ガブリエル・イグレシアス。メキシコ系アメリカ人によるヘリテージ・コメディです。

 

声がいいので、言葉ぬきで楽しめます。

 

 

 

 

おまけ:マティー・マセソン 

 

 

 

マティー・マセソンはシェフです。芸人ではないです。でもなぜか笑っちゃいます。

 

 

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

フランスの新首相、初のゲイ男性に!

LOVE

国内で「PrEP」が承認されるかも? PrEP最新動向をまとめて紹介!

CULTURE

エイズをテーマに、3世代のゲイを描く舞台『インヘリタンス-継承-』が来年2月上演へ

LOVE

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

LOVE

買ってよかった!2023年ベスト「セックスアイテム」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline