2016/08/11

正面 × 愛とセックス vol.3 ─ 20代 ゲイ 会社員 ─

「あなたにとって、愛とは、セックスとは、何ですか?」

 

本来、人も愛もセックスも多様であり、個人の恋愛を他人がジャッジするものではない。

「正面×愛とセックス」は、”普通に”生きるLGBT当事者の愛とセックスについて、赤裸々に語ってもらうインタビュー連載です。

 

 

── 20代 ゲイ 会社員 ──

 

 

正面×愛とセックスvol3

 

 

 ーあなたにとってセックスとは何ですか

 

セックスについて話すのって面白そうだし、特別に恥ずかしがる事でもないだろうし。皆も、こういうコトを真面目に話したいって思ってるんじゃないかなって。あと、自分を知ってもらいたいって気持ちもありますね。

 

高校生の頃は女の子と付き合ってて、セックスもしたんですけど何となくピンとこなくて。ただ、自分がゲイだって思ってなかったんです。でもあまりにもピンとこないから、もしかして?って思って、ネットで検索してみたりして。で、初めて男性を経験した時に、自分はゲイなんだなって思いましたね。肌を合わせた時の気持ちというか、テンションが全く違って。あぁこういうことかって。

 

今は初めて付き合った彼氏と同棲してます、付き合って3年で一緒に住みだしてからは1年くらいです。

彼氏が一周りくらい歳上で、仕事が忙しくて疲れてるみたいで。それに30代後半の人って、20代の頃に散々遊んだからもう落ち着きたい、みたいな人も多いですよね。今の彼の生活の中で、セックスの優先順位は低いみたいです。僕はちょっと寂しいですけど、もっとしたいって言うと相手にもプレッシャーになっちゃうしで少し悩んで、ある時期に話し合いました。今の頻度では満足出来ないけど、そんな理由で別れたくないって。とは言っても、隠れてするのは裏切るみたいで嫌だったんで、外泊した時はそういう風に思ってくれていいよって。

 

う~ん…公認なのかな…?止むを得ずって感じでしょうね。わざわざこっちも出かける時に公言はしないです。彼と別れる気は全く無いですけど、外への興味を完全に抑えることは無理かなって。魅力的だったり興味をそそられる人って、星の数ほどいるじゃないですか。だからまぁ…味見してみたいっていうと乱暴ですけど…気心の知れたセフレがいるといいなって。疑似恋愛じゃないですけど、そういう気持ちにさせてくれる友達が欲しいです(笑)

 

今のセックスの頻度を維持しつつ彼も外で遊ぶなら…お互いの気持ちがあるのが大前提ですけど、それなら僕は構わないです。正直、自分も外への興味を実際に行動に移してしまってるので、免罪符で許すんだろうってのもあるんですけど、気持ち的には半々ですね。やっぱり恋人が他の人とセックスするのってどんな理由であれ、気分は良くないですし。

 

ただ今まで一回だけ、この人と付き合いたいと思う人がいたんですけど、やっぱり彼が一番だなって。新しい刺激もそれはそれで良かったんですけど、今まで築いてきた二人の生活や安心感を天秤にかけた時に、それを手放したくなかったんですよね。外での行為は娯楽で、単純に楽しいだけだなって思ったんです。

 

そういう意味では外で遊ぶのと彼氏とは全然違います、気持ちが満たされますし、セックスをする度に自分の気持ちが確認出来るんです。そして、その後に気持ち良く眠れるのは彼だけですね。なんだろう?安心感なんですかね?より好きになれるって言えばいいのかな?なんだか、こうやって気持ちを言葉にするのって難しいですね(笑)

 

きっと、セックスする事によって自分の気持ちを確認したいんだと思います。相手を通して、自分の心を知る為の一つの手段なんじゃないですかね。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

蒸し暑さはスイーツで乗り切って!この時期だけのスイーツ5選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

今年はなに穿く?「2019年版・最新水着」

LOVE

世界初、生物から「HIVウイルス」の除去に成功(米研究)

FASHION

ファッションで祝おう!各ブランドの「LGBTプライド コレクション」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline