さいたま市、「同性パートナーシップ制度」導入へ

July 5th, 2018

 

 

埼玉県さいたま市にて、「同性パートナーシップ制度」の導入の検討をすることがわかった。

 

7月3日、さいたま市の清水勇人市長は記者会見にて「同性パートナーシップ制度」導入を前向きに検討することを発表。

 

清水市長は「制度を導入することで、性の多様性を尊重する本市の姿勢を示していきたいと考えている」と述べさらに、「本来、国レベルで議論される事案である。全国で統一的なパートナーシップ制度のルール作りに取り組むよう要望することも必要」と見解を述べた。

 

市長が話すように、同性パートナーシップ制度は全国の自治体で広まっており、それぞれ条件や形式が異なっている。

主にベースとなっているのは、渋谷区型と世田谷区型だ。

さいたま市の場合、現段階でどちらにするかは議論の上で決定するそうで、今年中をめどに制定を進める方針を示した。

 

さいたま市といえば、埼玉県の県庁所在地であり政令指定都市。

日本で9番目に人口の多い都市とあって、同市のもたらすインパクトは大きく、さらに多くの自治体で「同性パートナーシップ制度」の気運が高まりそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

史上初の”ゲイ”のロイヤルウエディング。英王族が同性婚へ!

ENTERTAINMENT

80年代の傑作ゲイ漫画『おとこの口紅』、ネットで無料公開

LGBT

東京・中野区、「同性パートナーシップ制度」開始へ

LGBT

大阪市「同性パートナーシップ制度」検討へ。市長が公言

LGBT

ストレート男性2人が「同性婚」へ。その理由とは?

LGBT

「同性パートナーシップ制度」をテーマにした楽曲、やる気あり美がリリース