October 31st, 2018

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

読者アンケートの結果を発表!

 

冬の恋愛シーズンに向けて、リアル強化月間中の人も多いはず。

意外と気になるのが、「他のゲイたちはどのようにリアルをしているの?」だよね。

 

そこで、先日ジェンクシーで行なった『ゲイたちのデート事情』にまつわる読者アンケート結果を紹介。

デートの成功につながる有益な情報ばかりなので、ぜひチェックしてみて!

 

*ウェブアンケートは、全国のゲイ・バイ男性1389人が回答。
*内訳は、10代が21人、20代が549人、30代が522人、40代が216人、50代以上が81人。全体の中で、パートナー有りは840人、独身は549人だった。

 

年上とデートは「割り勘」が多い

デートで気になることといえば「お会計」だよね。

 

もしあなたが年上とデートしたらお会計はどうしているだろうか。年上だしおごってもらう?それとも割り勘?

 

読者アンケートの全体の結果では、「基本的に割り勘(31%)」が最も多く、続いて「たまにおごってもらう(21%)」、「相手が合計金額の半分以上出す(19%)」となった。

 

 

 

年代別で見てみると、20代の約半数は「たまにおごってもらう」「相手が合計金額の半分以上出す」という、何かしら相手に出してもらう割合が高いようだ。

 

しかし、30代、40代になると「基本的に割り勘」が1位であることから、お金に余裕がでてくる30代以上であれば割り勘派が多数のよう。

 

 

 

年下とのデートは「半分以上多く出す」が最も多い

一番気になるであろう、年下とデートした場合の「おごるのか/割り勘か問題」。

 

全体の結果では、「自分が合計金額の半分以上を出す(27%)」が最も多く、続いて「たまにおごる(21%)」「毎回おごる(16%)」という結果に。

 

 

 

年代別のグラフで見てみよう。

面白いことに、20代、30代では1位「自分が合計金額の半分以上を出す」、2位「たまにおごる」、3位「毎回おごる」が全く同じ順位となった。

 

 

 

グラフでは上位3つまでしか記載していないが、「おごったことがない」と回答した人は全体の4%のみ。

 

ほとんどの年代で、年下より多く払う人が6割以上という結果だった。

年下とデートする場合は、6:4や7:3など、相手より多く出すほうが無難かも?

 

「おごる」ことに対して、みんなぶっちゃけどう思ってる?

そもそも、みんなは「おごる」ことに対してどのように思っているのだろうか?

以下の回答を見てみよう。

 

 

 

 

上位は「歳の近いもの同士はおごる必要はない」と「相手の金銭状況が悪い場合はおごるべき」の2つ。

このように「おごる/おごらない」の理由がハッキリわかる場合をのぞくと、3位「交互におごり合う関係が理想」と4位「年齢に関係なく割り勘するべき」が目立った。

 

一方で「年上が半分以上出すべき」との意見も多い。

 

全体的にみると、ゲイにとって「年上だからおごる」「年下だからおごられる」という概念はあまりなさそうだ。

ほとんどの人が思っている、「交互におごり合う」「年齢に関係なく割り勘」のどちらかにすれば間違いなさそう。参考例は以下。

 

①交互におごり合う→お会計時「今回は自分が払うから、次回はお願いね」と声かける。

 

②年齢に関係なく割り勘→初回から常に割り勘。ただしお互いの年齢を考え、出せる範囲のお店をチョイスする。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

BEAUTY

意外とみんな悩んでる・・・30代男子による「AGA座談会」

BEAUTY

良い男はカラダから香る。メンズ向けおすすめボディクリーム

LIFESTYLE

男ふたりのデートガイド in 深大寺

LIFESTYLE

男ふたりのデートガイド in 新宿

LOVE

デート相手に「冷める瞬間」とは?調査で分かった50の理由

LOVE

イアン・ソープ「デートは思ってたより難しい…」カミングアウト後の心境を