2018/11/25

台湾、同性婚破れる。国民投票で反対票が上回る

まさかの結果に…

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

台湾の同性婚は絶望的なのか?

そもそも、なぜ国民投票が実施されることになったのか?

台湾では昨年5月、台湾の最高機関「司法院」にて、民法に定められている「婚姻は男女間のみに認められる」という規定が、結婚の平等に反していると判断。よって同性間の婚姻を正式に認めていた。

その後、2年以内(2019年末まで)に同性婚に必要な法整備を整えるはずだった。

 

しかし、同性婚に反対するキリスト教系の団体らが、台湾の中央選挙委員会に国民投票を行うべしとした署名を提出。

これにより、政府の法改正決定後にも関わらず、異例の国民投票が行われることとなった。

 

今回の結果からわかるとおり、民法での同性間の結婚、LGBTに関する性別平等教育実施は否決された。

 

 

 

 

しかしながら今回の国民投票は、同性婚を「民法で認めるか?」という点が争点となっている。

 

民放で認めることは否決されたものの、12番の「民法以外の方法で同性同士を婚姻同様に認める」が通過していることから、民法における結婚の定義を改正するのではなく、諸外国でみられる「パートナーシップ法」などの新たな法律を作る方向で進めていくようだ。

 

アジアで最もLGBT権利が進んだ国といわれていた台湾、それだけに今回の国民投票の惨敗はショッキングな出来事だろう。しかしまだ希望は残っている。

来年のパートナーシップ法成立に向け、台湾は新たな一歩を踏み出したのだ。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「PrEP」を手頃に、安全に買う手段が増えてきた!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

宇多田ヒカル、「ノンバイナリー」をカミングアウト!

BEAUTY

トレーニー向け、斬新なスキンケアがデビュー

CULTURE

「SATC」続編にビッグ、エイダン、スティーブ 3人の出演が決定!

BEAUTY

睡眠、健康、美容にも。世界的に話題のリラックス成分「CBD」とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline