November 9th, 2018

市長も議員も全員がLGBTQの市が誕生!米フロリダ州にて

全米で2市目!

新市長のジャスティン・フリッペン氏

 

11月6日にアメリカで中間選挙が行われ、史上最もLGBTQの議員が多い選挙となった。

 

そんな中、米フロリダ州南部にあるウィルトンマナーズ市の地方選挙において、ゲイの市長と議員2人が選出され、同市の市議会5人全員がLGBTQとなった!CNNほか、米メディア各紙が報道している。

 

市長に選ばれたジャスティン・フリッペン氏と、議員に選出されたギャリー・レスニック現市長とポール・ロッリ氏はいずれもオープンリーゲイ男性。

市長と市議員5人全員がLGBTQで構成されており、ストレートの議員が0という構成に。

 

全員LGBTQの市議で構成された市は、カリフォルニア州パームスプリングスに次いで全米で2市目だという。

 

ウィルトンマナーズにおいて、LGBTQの議員が初めて選出されたのは1980年代で、2000年までにはLGBTQの議員が過半数を占めていたそうだ。

同市は全米屈指のゲイタウンとして知られており、同性カップルの数がアメリカの小都市の中で2番目に多いという調査結果もあるほど!

 

 

ジャスティン・フリッペン氏

 

ちなみに、ゲイの議員というと真っ先に思い浮かぶのがハーヴェイ・ミルクだろう。1977年にオープンリーゲイとして史上初の議員となり、映画化もされた歴史に残る偉人だ。

 

ミルクの偉業から約半世紀。

マイノリティだったLGBTQが、政治の中心に立っていることは感慨深い。

 

Text via : CNN

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ル・ポール、リッポンら、ゲイの著名人が「中間選挙」の投票をうながす

LGBT

台湾、同性婚の危機。同性婚の国民投票が実施へ

LGBT

ゲイ権利に反対の米議員、男性とのセックスがバレて辞職。多数のセクハラ疑

LGBT

ゲイの議員が、なんと議会でプロポーズ!!

ENTERTAINMENT

ポケモン、山の日にちなんだ「やまおとこ総選挙」を開始。ゲイライクだと話

LGBT

カナダのイケメン新首相、ゲイの議員一家と写真撮影