2018/11/09

市長も議員も全員がLGBTQの市が誕生!米フロリダ州にて

全米で2市目!

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

新市長のジャスティン・フリッペン氏

 

11月6日にアメリカで中間選挙が行われ、史上最もLGBTQの議員が多い選挙となった。

 

そんな中、米フロリダ州南部にあるウィルトンマナーズ市の地方選挙において、ゲイの市長と議員2人が選出され、同市の市議会5人全員がLGBTQとなった!CNNほか、米メディア各紙が報道している。

 

市長に選ばれたジャスティン・フリッペン氏と、議員に選出されたギャリー・レスニック現市長とポール・ロッリ氏はいずれもオープンリーゲイ男性。

市長と市議員5人全員がLGBTQで構成されており、ストレートの議員が0という構成に。

 

全員LGBTQの市議で構成された市は、カリフォルニア州パームスプリングスに次いで全米で2市目だという。

 

ウィルトンマナーズにおいて、LGBTQの議員が初めて選出されたのは1980年代で、2000年までにはLGBTQの議員が過半数を占めていたそうだ。

同市は全米屈指のゲイタウンとして知られており、同性カップルの数がアメリカの小都市の中で2番目に多いという調査結果もあるほど!

 

 

ジャスティン・フリッペン氏

 

ちなみに、ゲイの議員というと真っ先に思い浮かぶのがハーヴェイ・ミルクだろう。1977年にオープンリーゲイとして史上初の議員となり、映画化もされた歴史に残る偉人だ。

 

ミルクの偉業から約半世紀。

マイノリティだったLGBTQが、政治の中心に立っていることは感慨深い。

 

Text via : CNN

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline