January 2nd, 2019

マドンナ、歴史的ゲイバーにてサプライズパフォーマンスを行う!

マドンナが、米ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」にて、サプライズで登場しパフォーマンスを行った。

 

 

 

 

「ストーンウォール・イン」は、かの有名な「ストーンウォールの反乱」が起きたゲイバーで、現在世界中で行われているプライドパレード発祥の地。

 

今年はストーンウォールの反乱から50周年のアニバーサリーイヤーであることから、長年ゲイ権利に関わってきたマドンナが大使に任命。

12月31日の大晦日に行われた式典では、マドンナが大使任命が発表され、その後なんとサプライズで本人が登場したのだ!

 

「ストーンウォール・イン」はニューヨークのランドマークに指定されている歴史的な場所だが、通常はゲイバーとして営業を行っており、広さも一般的なゲイバーとさほど変わらない。

もちろん、そのゲイバーでマドンナ級の大物がパフォーマンスするのは異例中の異例!

 

ステージに上がったマドンナは、こうスピーチした。

 

「プライドの起源となるこの場所に立てて、本当に誇りに思っています。私たちは今夜50年の革命を祝うためにここに集まりました」

「ストーンウォールの反乱のために立ち上がった人々を決して忘れないでください。2019年はどのようにして多くの愛と平和をもたらすことができるのか、少しでもいいから、みんなで考えてみましょう」

 

マドンナは、息子デイヴィッドと共に、自身の楽曲「Like a Prayer」と、エルヴィス・プレスリーの「Can’t Help Falling in Love」の2曲をパフォーマンス。

 

マドンナは「これだけ小さいステージでパフォーマンスしたのは初めてだわ!」と話しながら、終始ご機嫌な様子。さすがは永遠のゲイアイコン・マドンナだ!

 

 

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

世界のプライド旅。アツい「バルセロナ・プライド」体験レポ

ENTERTAINMENT

祝・60歳!稀代のゲイアイコン「マドンナ」の魅力をMVでふりかえろう

ENTERTAINMENT

マドンナを完コピする「犬」が話題に

ENTERTAINMENT

ゲイ映画史上最大の問題作『ストーンウォール』が日本公開

ENTERTAINMENT

英歌手ジェームズ・モリソン、マドンナを「最も態度が悪いセレブ」と名指し

LGBT

ゲイプライド発祥の地『ストーンウォール・イン』がNYのランドマークに認