2019/01/21

25年の歴史に幕を降ろした「バディ」、最終号が発売へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

先月、休刊を発表したゲイ雑誌「バディ(Badi)」。

その最終号となる2019年3月号が、1月21日(月)に発売された。

 

 

Badi

 

突然の休刊宣言から約1ヶ月。

25周年を記念号を迎えたばかりにも関わらず突然の休刊宣言に、ゲイ業界が衝撃に包まれた。

 

1993年に誕生した「バディ」は、2018年で創刊25周年を迎えたが、出版不況とデジタルコンテンツへの移行を理由に休刊を発表。

 

最終号は、ファイナルにふさわしく超豪華仕様。

これまでの歴代カバーグラビア全303枚掲載の特大ポスター付きで、通常より80ページも多い全268ページと大幅ボリューム。

さらに、ゲイショップでの購入限定で「BS365 UNDERWEAR」のジム用ナップザックも付いてくる。

 

最終号では、GOGOボーイ、ドラァグクイーン、パフォーマー総勢79人が登場する「アヴァンギャルド・フィーチャー」から、日本のLGBT文化を支え続ける賢者9人に聞いた「From Gay CULTURE」など、ビジュアル写真から読み物コンテンツまで充実。

 

バディでは、休刊までの2019年1月号~3月号の3ヶ月間は「FUTURE(ゲイの未来)」について特集が組まれてきた。これには、平成に誕生し一時代を築き、そして去りゆくバディが、ゲイカルチャーを次世代へ託したいというメッセージが込められている。

 

なお、最終号は発売日時点で、公式サイトの通販分は完売。

残るは、全国の書店、ゲイショップでの在庫分のみの販売となっている。ネットからは、Amazonの読み放題サービスでも視聴可能。

 

「バディ」|Amazon

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

機能性+お洒落アイテムで、お家セックスを充実しよう!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

台湾の人気フォトグラファーが撮る「メンズポートレート 写真集」3選

LOVE

機能性+お洒落アイテムで、お家セックスを充実しよう!

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LIFESTYLE

ハッテン事情も!海外のゲイヌーディストビーチはこんなかんじ

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline