2018/05/11

都が「LGBT条例」を制定へ。小池都知事が発表

東京都の小池百合子知事が、LGBTの理解やヘイトスピーチ規制などを盛り込んだ条例を制定すると発表した。

 

511日の定例記者会見にて、小池都知事は2020年の東京五輪に向けたダイバーシティ実現が重要だと発言。

同条例は20194月の施行を目標にしており、今回のようにLGBTに焦点を当てた都道府県条例は全国初となる

 

 

 

 

気になるその条例内容だが、LGBTなどの性的マイノリティの差別解消に向け、都の市区町村らと連携。またLGBTの人たちの為の相談窓も設置される。

また条例にはヘイトスピーチ対策も盛り込まれる。

 

小池氏は2020年の東京五輪に向け、「五輪憲章」の理念を実現するためと語る。「五輪憲章」には、人種や性的指向などあらゆるものを理由とした差別を禁止したもの。

2014年のソチ五輪では、ロシアで同性愛禁止法が制定され、この五輪憲章を満たしていないと非難されていた。

 

日本では性的マイノリティなどへの差別禁止法案がなく、G7で唯一同性婚が認められていない国だ。

同条例は、小池氏が理念に掲げる都のダイバーシティ実現に向けた大きな一歩になりそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

蒸し暑さはスイーツで乗り切って!この時期だけのスイーツ5選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

今年はなに穿く?「2019年版・最新水着」

LOVE

世界初、生物から「HIVウイルス」の除去に成功(米研究)

FASHION

ファッションで祝おう!各ブランドの「LGBTプライド コレクション」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline