2019/05/14

米製薬会社、年間20万本ものHIV予防薬「ツルバダ」を無料配布へ

手放しに喜べない?製薬会社の思惑

企業利益を削ってまで、ゲイコミュニティのHIV/エイズ減少をサポートする素晴らしい寄付だが、一方でその方法を疑問視する声も上がっている。

 

やや懐疑的なのは、米マサチューセッツ州のワレンスキー医師。

「素晴らしい努力だ」と語りつつも、「PrEPを必要とする人の20%程度しかカバーできない」とも付け加えた。

 

同氏は、ツルバダの製造コストは年間たった60ドル(約6600円)であると指摘し、「本当に(PrEPを使う)全員をカバーしたいのであれば、(無償提供よりも)誰にでも値下げするべき」と話した。

 

さらにワレンスキー医師は「この寄付には裏があるのでは」と、率直な意見を語った。

 

ギリアドでは、ツルバダを改良した新薬「ディスコビー(Descovy)」の発売を予定している。

同氏は、この新薬を販売するための裏口工作なのでは?とも話した。ツルバダが世に広がることで、更に改良された新HIV予防薬「ディスコビー」が売れるからだ。

 

ちなみにギリアドは、ツルバダ販売だけで年間30億ドル以上(約3300億円)を稼いでいる。

アメリカでツルバダが認可された2012年から現在に至るまで、莫大な利益を得たに違いない。

 

この巨額の利益に対して、米国司法省は7人の上院議員を送り込み、ギリアド内部の調査を行ったそうだ。

今回の寄付が上記の調査の結果であるかは不明だが、少なくとも影響を及ぼしているとみられている。

 

様々な思惑が入り混じる今回の寄付だが、年間20万本もの無料配布により、米ゲイコミュニティ内のHIV/エイズが大幅に減少することは間違いないだろう。

 

関連記事 >> PrEP(プレップ)ってぶっちゃけどう?費用やメリットなど、PrEP使用者に本音を聞いた

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

蒸し暑さはスイーツで乗り切って!この時期だけのスイーツ5選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

今年はなに穿く?「2019年版・最新水着」

LOVE

世界初、生物から「HIVウイルス」の除去に成功(米研究)

FASHION

ファッションで祝おう!各ブランドの「LGBTプライド コレクション」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline