2019/05/14

米製薬会社、年間20万本ものHIV予防薬「ツルバダ」を無料配布へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

手放しに喜べない?製薬会社の思惑

企業利益を削ってまで、ゲイコミュニティのHIV/エイズ減少をサポートする素晴らしい寄付だが、一方でその方法を疑問視する声も上がっている。

 

やや懐疑的なのは、米マサチューセッツ州のワレンスキー医師。

「素晴らしい努力だ」と語りつつも、「PrEPを必要とする人の20%程度しかカバーできない」とも付け加えた。

 

同氏は、ツルバダの製造コストは年間たった60ドル(約6600円)であると指摘し、「本当に(PrEPを使う)全員をカバーしたいのであれば、(無償提供よりも)誰にでも値下げするべき」と話した。

 

さらにワレンスキー医師は「この寄付には裏があるのでは」と、率直な意見を語った。

 

ギリアドでは、ツルバダを改良した新薬「ディスコビー(Descovy)」の発売を予定している。

同氏は、この新薬を販売するための裏口工作なのでは?とも話した。ツルバダが世に広がることで、更に改良された新HIV予防薬「ディスコビー」が売れるからだ。

 

ちなみにギリアドは、ツルバダ販売だけで年間30億ドル以上(約3300億円)を稼いでいる。

アメリカでツルバダが認可された2012年から現在に至るまで、莫大な利益を得たに違いない。

 

この巨額の利益に対して、米国司法省は7人の上院議員を送り込み、ギリアド内部の調査を行ったそうだ。

今回の寄付が上記の調査の結果であるかは不明だが、少なくとも影響を及ぼしているとみられている。

 

様々な思惑が入り混じる今回の寄付だが、年間20万本もの無料配布により、米ゲイコミュニティ内のHIV/エイズが大幅に減少することは間違いないだろう。

 

関連記事 >> PrEP(プレップ)ってぶっちゃけどう?費用やメリットなど、PrEP使用者に本音を聞いた

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「HIV検査」は 令和のスタンダード

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

職場での「ホモネタ」が法律で禁止に

LOVE

6月は「HIV検査週間」 この機会にHIV検査をしよう!

LOVE

いまさら聞けない「シャワ浣」パーフェクトガイド

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LOVE

日本と世界の「PrEP」最新事情とは?医師が徹底解説

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline