2024/03/22

90歳を超えたゲイが、初めて経験する出会いと別れ。ドキュメンタリー映画『94歳のゲイ』

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

映画『94歳のゲイ』が、4月20日(土)よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開される。

 

日本の同性愛史を紐解くドキュメンタリー映画として密かに注目を集めている作品だ。

 

 

 

90歳を超えて初めて経験する“出会い”と“別れ”

最近では、ゲイカップルをテーマにした映画/ドラマ作品などが多数登場したり、自治体の「同性パートナー証明書」が増えるなど、ゲイに対する差別や偏見がグッと減ってきた。

 

しかしかつて同性愛は、「異常性欲」「変態」だと公然と語られ、治療が可能な精神疾患とされてきた時代が長い。

そんな時代に生きた1人のゲイ男性を描くのが映画『94歳のゲイ』だ。

 

主人公・長谷忠さんは1929年生まれ。

「セックスは一回もやったことない」と語り、誰かと交際したこともない。

 

ゲイであることを誰にも打ち明けることなく、好きな男性ができても告白することもできない、寂しく暗い時代を過ごしてきた。

 

 

 

 

孤独の中でも「詩」を心の拠り所にしてきた長谷さん。

 

詩人として成功しながらも「ものすごく生きづらかった」と語る彼は、90歳を超えて初めて“出会い”と“別れ”を経験するのだった──。(以下、予告編)

 

 

 

 

一方本作では、日本初の商業ゲイ雑誌「薔薇族」の元編集長である伊藤文学さんのインタビューも掲載しており、日本の同性愛史を紐解いたドキュメンタリーとなっている。

ぜひ、気になった人は劇場でチェックしてみてほしい。

 

 

 

映画『94歳のゲイ』は4月20日(土)よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開予定。

 

『94歳のゲイ』公式サイト >>

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

同性愛がタブーの時代、2人の兵士の愛を描く映画『ファイアバード』

LOVE

週末なにする?そうだ、週末限定の「HIV検査」にいこう!

LOVE

実はNG!タチに知って欲しい7つのこと

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

LGBT

ChatGPTで有名なサム・アルトマン氏、パートナーと同性婚!

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline