September 7th, 2018

「同性間のセックス」が合法なのは世界人口の75%。インドのおかげで

9月6日、インドにて、同性愛&同性間のセックスが最高裁の判決により合法となった。

関連記事 >> インド、同性愛が合法に

 

 

 

 

これにより、世界人口75%もの人々が、同性間のセックスが合法ということになる。

 

インドの人口は13億3900万人。これは世界人口の18%に相当しており、世界の約5人に1人はインド人。

さらに国連の発表によると、2024年にはインドの人口が14億4000万人となり、中国を抜いて世界一位になると予測されている。

 

インドが認める前は、「同性間のセックス」を認めているのは世界人口の42%だった。それがインドの合法化により一気に75%となったのだから!!

インドが同性愛を認めたことのインパクトはとても、とても大きい。

 

同性愛が「犯罪」、71ヶ国以上も

インドの人口13億3900万人から換算するに、同国のLGBTQの推定人口は7800万人。

同性婚以前に、同性と恋に落ちる、セックスをすることを”違法”としてきたインドの大きな進歩と歴史的な瞬間だ。

 

しかしながら、いまだに多くの国で同性愛は犯罪である。

 

 

 

 

現在わかっているだけで71ヶ国存在する。

イラン、サウジアラビア、イエメンなどの中東。ナイジェリア、セネガル、ウガンダ、スーダン、ソマリアなどのアフリカ圏。アジアではインドネシアなどが挙げられる。

 

ウガンダでは同性愛は終身刑、イランとシリアでは見せしめで殺害、インドネシアの一部の州では公開ムチ打ちの刑に処されるなど、21世紀とは思えない非道な行為が行われている。

 

同性愛は認めても、同性婚は?

「同性間のセックス」を認めているのは世界人口75%だが、「同性婚(またはパートナーシップ制度)」を認めているのは世界人口のたった16%。もちろん日本は入っていない。

 

ただ、2010年以降は急速に世界トレンドが変わっており、「同性愛/同性婚の合法化」が今後加速するのではといわれている。

 

Text via : Gay Star News

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

インド、同性愛が合法に

LOVE

HIV/エイズの新規感染者、11年ぶりに1400人を下回る

LGBT

トロント、ゲイを狙った連続殺人事件が発生。6人の遺体が発見

「グラインダー」でゲイを狙った強盗犯が逮捕。懲役15年

LGBT

LGBTIフレンドリーな欧州ランキング、2017年度版が発表

LIFESTYLE

地元ゲイがレコメンド!LGBTフレンドリー都市「ケープタウン」の魅力と