September 5th, 2018

HIV/エイズの新規感染者、11年ぶりに1400人を下回る

2017年度のHIVとエイズの新規感染者数が、11年ぶりに1400人を下回ったことがわかった。

 

厚生労働省のエイズ動向委員会によると、2017年にHIV/エイズの新規感染者は1389人と発表。

内訳は、HIV感染者が976人、エイズ発症した人が413人だった。

 

 

 

 

前年度(2016年)に比べると新規が59人減っており、合計が1400人を下回ったのは2006年以来の11年ぶり。また、HIVの新規感染者数が1000人を下回ったのも11年ぶりとのこと!

 

HIV/エイズの新規感染者数はこの10数年横ばいであり、行政や民間機関が啓発につとめているが、一向に数が減少してこなかった。

以下のグラフを見ると、2006年まで右肩あがりで増加をつづけ、2007年以降は横ばい状態。

 

 

10年ぶりの1400人を切っており、HIV啓発に希望の兆しが見えてるが、それでも年間1000人規模で増えているHIV/エイズ。

 

特に、発見時すでにエイズ発症している人も多い。手遅れになる前にHIV検査・治療をすることがとても重要だろう。

 

最近のデータでは、HIV陽性者の寿命は一般と変わらないことや、正しく治療を継続していれば他者へHIVを移すことはないなど、医療の発達によりHIV治療も進歩している。

 

HIV/エイズの新規感染者の8割以上はゲイ・バイ男性なので、コンドームをつけたセーファーセックスは心がけてほしい。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

自分のカラダの「すべて」を知ろう。セックスのこと、HIVのこと

LOVE

HIVを治療している人から、HIVは移らない(新研究)

LGBT

ヒゲ女装のコンチータ、HIV陽性を公表。元彼の脅迫を受け

LOVE

HIV予防法「PrEP(プレップ)」とは?日本一分かりやすく解説

LOVE

新しいHIV予防法「PrEP(プレップ)」、ドキュメンタリーが無料公開

LGBT

九州、HIV/エイズ感染者が急増中。福岡では前年比61%増