2015/05/23

カミングアウトの苦悩を描く『追憶と、踊りながら』ホン・カウ監督インタビュー

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ベン自身も役と同じくカミングアウトしているオープンリーゲイ俳優ですが、キャスティングの際に意識されたんでしょうか?

 

よくそう言われるんですが、オファーするまで彼がゲイってことを知らなかったんですよ(笑)

出演が決まった時に事実を知って正直ビックリしました。彼の誠実さ、内に秘めた情熱を感じて選んだので、彼がゲイということは全く関係ありませんでした。それは出演してくれたベンも同じ考えだと思います。

 

 

 

リチャード(ベン・ウィショー)の恋人、カイ役を演じたアンドリュー・レオンも素晴らしい演技でしたね。彼を起用した経緯を教えて下さい。

 

実は、彼は演劇学校を卒業したばかりで本作がデビュー作なんです。撮影ではかなり緊張していましたが、ベンがサポートしてくれて順調に進んでくれました。彼はとてもハンサムだし演技も素晴らしいし、今後スターになる注目株でしょうね。彼を発掘できたことは嬉しく思います。

 

 

 

リチャードとカイの二人のシーンがとても美しく、愛情溢れる印象を受けました。彼らのシーンを撮る際に気をつけた点などはありますか?

 

実は、二人のシーンは映画全体の中で3シーンしか描いていないんです。というのも、現在と過去をシームレスに表現しているので、カイを登場させ過ぎてしまうと悲しみが薄れてしまうから。リチャードとジュン、それぞれの深い悲しみ、彼を偲ぶ気持ちを表現する為にシーンは極力減らしました。ただし、二人のシーンが少ない分、繊細で印象的なシーンになるように入念にリハーサルを重ねましたね。

 

 

 

7502

 

 

 

次ページ>>自身もオープンリーゲイのホン・カウ監督が映画に掛けた思いとは。

 

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

フランスの新首相、初のゲイ男性に!

LOVE

国内で「PrEP」が承認されるかも? PrEP最新動向をまとめて紹介!

CULTURE

エイズをテーマに、3世代のゲイを描く舞台『インヘリタンス-継承-』が来年2月上演へ

LOVE

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

LOVE

買ってよかった!2023年ベスト「セックスアイテム」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline