2015/06/29

米カメラマン、アンチ同性婚のクライアントへの秀逸な返しが話題に

 

 

同性婚が合法化され祝賀ムードのアメリカ。しかし、人々の中にはアンチゲイ&アンチ同性婚派がいることも事実だ。

 

米・フロリダ州に住むカメラマン、クリントン・ブレントウッド・リーさんは、同性婚支持を表明したが為に、アンチ同性婚派のクライアントから、「伝統的な結婚式を求めているのに、同性婚を支持しているあなたに依頼したくない」とし、婚礼写真の依頼キャンセルを突き付けられた。

しかし、それに対してリーさんは思わぬ返答をし話題になっている。

 

リーさんはクライアントとのやり取りを自身のフェイスブック上に投稿。彼はこう返信した。

 

 

2

 

 

「キャンセルは残念ですが、しょうがないですね。なぜならば、私としてもそのようなお考えの方の依頼を引き受けることは出来かねるからです。それは、お客様と私たちの意見に相違があるからではありません。」「なぜならば、お客様が同性婚を嫌いだからといって、自分以外の全ての人が同性婚するべきではないと言ってるのと同じことです。この考えはまるで、私がブロッコリーを嫌いだからといって、世界中のあらゆる人に対してブロッコリーを食べないよう禁ずる行為と一緒じゃないですか!」

 

 

リーさんは続けて、キャンセルに伴う返金に関しても、「今回の依頼金1500ドルは返金出来かねるため、LGBT支援を掲げる団体GLADに寄付させて頂きます。結果としてLGBTをサポートして頂いたことをお礼申し上げます。お客様の寄付がなければ成し得なかったことです!」と返信した。

 

ちなみに、依頼時の契約書には『キャンセルによる返金は不可』と明記されていたとのこと。

 

アンチ同性婚のクライアントに対して、ブロッコリーに例えた秀逸な返しをした上、寄付に繋げてしまうリーさんの機智は素晴らしい!この投稿に、8500超のイイね&5000件近いシェアをされ多くの賞賛が寄せられている。

 

via : BuzzFeed

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気YouTuberのケミオ(kemio)、ゲイをカミングアウト

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LOVE

忙しい現代人にこそオススメ。HIVの「郵送検査」がめちゃめちゃ便利

LIFESTYLE

みんなの職業は?年収は?気になる「ゲイたちの仕事事情」

ENTERTAINMENT

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline