2015/05/27

毎日の射精で前立腺ガンを減少できる!?最新の研究が明らかに

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy
 

 

米ハーバード・メディカル・スクールの研究者たちの最新の研究で、日々の定期的な射精は、前立腺ガンのリスクを大幅に減少させる効果があることが分かった。

 

研究では、3万2000人の健康男性を18年間に渡り調査。調査開始のあとに前立腺ガンと診断された3839人と病気にかからなかった双方を様々な角度から比較。

その中で対象者には、20~29歳、40~49歳、1991年時、それぞれ月の平均射精回数のアンケート調査を行った。

 

 

結果は、その時の年齢に関係なく、計測された3点全てで、月の射精回数が多い男性の方が前立腺ガンのリスクを下げることが分かった。具体的には、年齢40~49歳層で、月21回以上の射精を行うことにより、22%の前立腺ガンリスクを減少できるとのこと。

 

同研究で、射精が前立腺ガンを低下させる要因は今のところ解明されていないが、前立腺ガンの予防に月の射精回数を増やすことは間違いないようだ。

 

それにしても、医学的に月21回以上の射精を推奨するということは、少なくても2日1回はセックスなりオナニーをするべきということになる。あなたはどうだろうか?

 

via : instinct

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ライアン・マーフィーが手がける圧巻のミュージカル映画『ザ・プロム』が絶賛配信中

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

同性カップルも登場。パナソニックがCMで「普通」を問いかける

BEAUTY

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

LOVE

どうすれば「交際半年」の壁を越えられるの?

BEAUTY

コロナ疲れには「運動」が効果的。話題のヘルシーなガジェット&サービス

CULTURE

息子が連れてきた婚約者は「男」だった。同性婚をめぐるドタバタ・コメディ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline