2016/08/23

J.K.ローリング、トム・デーリーへの「差別ツイート」にピシャリ!

J.K.ローリング&トム・デーリー

 

 

惜しくもリオ五輪の飛び込み競技で金メダルを逃してしまったトム・デーリーだが、10m高飛込シンクロでは見事、銅メダルを獲得した。

 

本業の飛び込みでは銅メダルを獲得し、私生活では映画「ミルク」の脚本家であるダスティン・ランス・ブラックと婚約をするなど、公私ともに順風満帆なトム・デーリーだが、ツイッターではソロ種目においてメダルを逃したことを揚げ足にとったホモフォビックなツイートがみられた。

 

 

 

 

「ゲイになったトム・デーリーは、リオで結果を残せなかった」

 

投稿したのは、キリスト教団体「クリスチャン・ボイス」だ。

このツイートに皮肉で応酬したのが、ハリポタ作者のJ.K.ローリングだった。

 

 

 

 

「このツイートが不愉快なのは、アホらしいからなのか、それとも悪意に満ちているからかなのか、どちらなのかしらね?」

 

 

このJ.K.ローリングの投稿に多くの賛同が集まり、同ツイートは現在までに1万近くリツイートされている。

 

しかし、差別発言元の「クリスチャン・ボイス」はひるむ様子がなく、以下のようにツイートした。

 

 

 

 

「トム・デーリーがゲイになったのは、年上の男に誘惑されたからだ」

 

この「年上の男」とは、婚約者ダスティン・ランス・ブラックのこと。

ホモフォビアたちの差別ツイートは、懲りることを知らないようだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

蒸し暑さはスイーツで乗り切って!この時期だけのスイーツ5選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

今年はなに穿く?「2019年版・最新水着」

LOVE

世界初、生物から「HIVウイルス」の除去に成功(米研究)

FASHION

ファッションで祝おう!各ブランドの「LGBTプライド コレクション」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline