2017/06/09

米ジム、LGBT向けキャンペーン動画が素晴らしいと話題。しかし一部では非難

アメリカの大手トレーニングジム「エキノックス」(Equinox)が、全米プライド月間に合わせたLGBTキャンペーン動画を公開。

その内容が素晴らしいと話題になっている。

 

 

Photo via : YouTube

 

タイトルは『The LGBTQAlphabet』

LGBTQAコミュニティにまつわるキーワードを、アルファベットの頭文字26文字で表す内容となっており、「6色(レインボーカラーの)やアルファベット(26文字)では到底表現することが出来ない多様性」という意味を込めた ”Six letter will never be enough” をコンセプトに掲げている。

 

以下、動画をチェック。

 

 

 

一部から「アセクシャルが含まれていない」としてバッシング!

スポーツジムらしいスポーティーかつファッショナブルな動画だが、一部のLGBTコミュニティからは「アセクシャルが含まれていない」として非難を受けている。

 

たしかに、LGBTQAの「A」は「アセクシャル」を指した言葉だが、今回の動画では「Ally(アライ)」に変更されている。

 

これに対して、ネット上では「アセクシャルの存在を無視している」「LGBTQAコミュニティの中にアライは含まれていないはず」「ただでさえ他のセクシャリティに比べ可視化されていないアセクシャルを無視するのはひどい」といったコメントが殺到。

 

今回の騒動で思い出すのは、2016年にアメリカン アパレルが「LGBTQA」の「A」をアライに置き換えたレインボーグッズを販売し、今回同様にバッシングされていた。

 

今回の動画は「NY・LGBTコミュニティセンター」とのコラボレーションプロジェクトであり、動画の構成も素晴らしかったのに、まさかのコミュニティから反感を買ってしまう結果となった。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline