November 29th, 2018

ユニクロ、同性パートナーを配偶者として認める。社員6万人が対象

 

 

ユニクロを展開する株式会社ファーストリテイリングは、社内規定を変更し、社員の同性パートナーを配偶者として認めることを明らかにした。朝日新聞らが報じている。

 

配偶者として認めることで、同社の福利厚生が受けられる。

申請には同社が定める「パートナーシップ登録書」に記入し、配偶者として会社に届け出ることで使用可能に。自治体の定めるパートナーシップ証明書ではなく、自社独自のフォーマットを用いているところがポイント。

 

配偶者として認められると、家族向けの社宅の入居、慶弔見舞金の支払い、結婚休暇取得など、異性パートナーと同等の福利厚生が受けられる。

同制度は、早ければ12月から実施するとみられており、国内のグループ社員約6万人が対象になる大規模なもの。

 

ここ数年、同性パートナーを配偶者と認める企業が増えており、その多くは多様性を重視する大手グローバル企業だ。

国内では、資生堂、パナソニック、楽天、ヤフーらがある。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

同性婚が合法化されたオーストラリア、半年で3000人以上が結婚

LGBT

同性カップルのキスを描いた「資生堂」のウェブ動画、広告賞を受賞

LGBT

史上初、英ロイヤルファミリーが同性婚!幸せあふれる写真をインスタに投稿

LGBT

東京・豊島区、「同性パートナーシップ制度」導入へ

LGBT

東京・中野区、「同性パートナーシップ制度」開始へ

LGBT

資生堂、同性パートナーを配偶者として認める。社内規定にて