2018/09/20

東京・豊島区、「同性パートナーシップ制度」導入へ

 

 

東京・豊島区にて、同性カップルを婚姻と同等に認める『同性パートナーシップ制度』を導入することが明らかとなった。

 

これは、9月19日の定例会本会議にて豊島区の高野区長が明らかにしたもの。

高野区長は「多様な性自認・性的指向の方々は日常の様々な場面で困難を抱えており、官民問わず支援の動きが広がりつつある。パートナーシップの宣誓制度などは、婚姻に相当するような法的拘束力はないが、区議会での請願採択を重く受けとめ、豊島区として今できることを実現する段階に来たと考えている」とのべた。

 

区は今年中に制度設計を行い、来年度からの導入を目指す。

 

現在全国9つの自治体で行われている「パートナーシップ制度」だが、渋谷区をのぞいた8つは区長の権限による「要綱」である。

しかし豊島区では、渋谷区と同様に”条例改正”により対応する考えを明らかにしており、その影響力は大きい。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline